書籍「光媒の花 」何かを守るために人は嘘をつく

2010年05月23日(日) 21時01分
「光媒の花 」★★★☆
道尾 秀介著 、集英社、2010/3初版
(258ページ 、1.470円)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「評判がいいので初めてこの作家の本を読んだ、
ネットで注文し届いた本は
装丁が繊細でいて重厚な感じで
作者のこだわりや想いが込めれているようで
期待して読み始めた。」



本は内容が重要に決まってるけれど、
装丁は第一印象としては重要、
予備知識も無しに読み始めると
簡潔な文体ながら、
ちょっと戻って読み返すと
案外深いことが書いてあり
サラッと読めてしまうが注意が必要だ。


6つのそれぞれタイトルが付いた短編は
独立しつつ、どこかでリンクする連作となっている、
劇的な展開は無く、
淡々とした日常に潜む危うさが伝わり、
単純に「怖いな」と思った。


ミステリー作家と書かれた
作者のこれまでの作品は全く知らないが
この作品を読んだ印象としては
非常に緻密で書き込み過ぎない文体は
冷静で静謐な感じがした。

だからかな、溢れ出すような
熱い熱を感じるような作品も
次は読みたいなと思った.

「何かを守るための嘘は許されるのか」
その答えは読者がそれぞれ考えることだ、
普段はそんなギリギリの選択を迫られることはない、
でもひとたびそんな場面に出くわしたら
自分は守るべきものをしっかり守れるだろうか。

大きな感動とかそんなものはないが
しみじみ「作家性」を感じる、

最近はよく日本人の作家の本を読んでいるが
なんか期待できるというか、
そんなことを感じた。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

著者は様々なジャンルの作品を書いているようだ、何か読みたいな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf