映画「カティンの森 」人間は、こんなこともしてしまうのだ

2010年05月08日(土) 0時09分
「カティンの森 」★★★★DVDで鑑賞
マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、ヴィクトリャ・ゴンシェフスカ主演
アンジェイ・ワイダ監督、122分、
2009年12月5日公開、2007,ポーランド,アルバトロス・フィルム
(原題:Katyn )




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「アンジェイ・ワイダ監督が80歳を超えて監督した
1万5千人のポーランド人将校捕虜の殺害の事実の映画、
公開時時間が合わなくて見逃していた映画を
DVDで鑑賞した。
ワイダ監督の父親もこの事件で虐殺されている。」



不可侵条約を反故にしてとソ連軍がポーランドに侵攻した、
この時1万5千人のポーランド人将校が
忽然と行方不明になり、
その後1943年春、
カティンで数千人の遺体が発見され、
「カティンの森」事件が明らかとなった。



この事件はドイツ軍の宣伝にも利用され
ドイツのポーランドへの侵攻の口実ともなり、
事件発覚後、ポーランド人自身でも
語ることが禁じられたという。

ソ連崩壊後、少しずつ事実が明らかになってきたようだが、
この映画はその事実を明らかにするというより、
当時のポーランド将校たちの姿と
彼らの帰りを待つ家族の姿をじっくり描いている。



戦争が終わって半世紀以上、
まだ世界のどこかで銃で人は殺されているが
極東の日本にいる自分たちには
どうにもピンと来ない。

それは自分たちにとっては幸せなことだ、
自分たちの前の世代の人たちが
平和な日本にしようと今の基礎を作ってくれたのだから、
今の状態が良いに決まってる、
こんな平和なぬくぬくとした場所から
出られない自分たちがいる。

この映画は終始冷静にその時の
事実と向かいあっている、
機械的に頭を打ちぬく様子、
人間はこんなことも出来るんだ、
寒々とした風景よりもぞっとするほど心が冷える。


ここから何を感じるか
それはこの映画を見た各々が考えることだ。

第80回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

80歳を超えてたぶん作りたかったものを作り上げた情熱にホント感動した。
ホントに感動した。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf