ベトナム旅行記Iフエで食べた名物料理/スアンチャン(Xuan Trang)にて(2010/3/21)

2010年05月04日(火) 0時09分
ベトナム旅行記Iフエで食べた名物料理/スアンチャン(Xuan Trang)にて(2010/3/21)

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「気軽な大衆料理店/スアンチャン(Xuan Trang)」





フエの郊外への世界遺産見物を終えて
宿泊しているアジアホテル近くの
スアンチャンという店で少し遅い昼食、
レストランの集まってる場所にあり
入りやすい店だ。

メニューが写真付きなのがうれしい、
まずは
バイン・ベオと言われる
米粉の餃子の皮くらいの大きさの生地に
干し海老が散らばっていて
金魚藻(ベオ)に似ているから名前がついたという料理、
他の店では小皿に乗って出てくるようだけど、
ここは一皿に10個くらいが乗ってきた。
つけだれにつけて食べる、小ぶりなので
ツルッと入っていく。


次は
バイン・ボッ・ロック
こちらはバナナの葉に包まれて出てきて
開けると煮こごりのような半透明な中に海老が入った、
見た目ちょっとどうかなと思ったが
こちらもこぶりでタレをつけて
食べると美味い。
海老は殻つきなのでバリッという触感も不思議。

その他、同じ様な料理で挽肉が巻かれたものと
2種類が出てきて
その時点でテーブルがいっぱいになる。

そして次は
バイン・コアイ
これはミニバインセオ、
生地は通常のものより厚めでしっかりできてて、
もちもちした感触が強い。
見た目よりボリュームがある、もちろん美味い。




そしてこちらも名物料理
ブンボー・フエ
ベトナム料理にしては珍しく辛いスープが
特徴の麺料理

テーブルにあるハーブやもやしをお好みで入れて食べる、
日本人は麺のコシにうるさいが、
細麺のブンはかなりトロトロなので
このあたりは好みが分かれるかも、
ただし爽やかな辛さのスープは絶品。


お店の奥を覗くと案外狭いキッチンで
これだけの料理を作ってるんだなぁと感心、
店がヒマな時間だったこともあり
スタッフ一同、食べてる様子をじっと見ていて
口に入れるたびに「美味しい」のジェスチャーで応えた。



それぞれの単品の値段は忘れたが
水のボトルを注文して
合計が70.000ドン(350円)激安!
ごちそうさまでした。


★データ偏
フエ新市街、フォーン川に近い
センチュリー・リバーサイドホテルや
今回宿泊したアジアホテルから2.3分の距離。
朝から夜遅くまで営業していた。
地球の歩き方にも載っている。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

一皿の量は少なめなのでつい沢山注文してしまうが
値段は日本人の感覚からは激安。でもすごく美味い。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf