「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる

2010年01月22日(金) 0時09分
「今度は愛妻家」★★★★
豊川悦司、薬師丸ひろ子主演
行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、
今は仕事もせずいわばプータロー生活。
クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に
せがまれて沖縄へと2人で出かける。
しかし、その日を境にさくらと俊介に微妙な変化が訪れる。」



前半はよくある展開で、そのうち妻に別れを告げられて
反省するってやつかなと予想しながら見ていると
途中から、あれれ、なんか違う展開で
一気に切なくなる、そういえばと
前半のあれこれと符合する部分を見つけたりして。



豊川悦司は主人公そのものって感じで、
他人からの愛情は
溢れてくるとでも勘違いしてるお気楽人間、
かたや薬師丸ひろ子演じる妻のさくらは、
たぶん相手のちょっとした事にも喜べるようなタイプで、
人は多かれ少なかれ
さくらのような気持ちを持っているもので、
「分かってくれないかなぁ」などとため息をつく、
そのあたりの演技と演出はうまい。



脇役も多彩でドタバタ騒ぎを繰り広げるけれど、
ちゃんとひとつの事を伝えるために
最後はうまく収まるわけで、
そんな賑やかな後には、しんみりとした静寂があり
それが寂しいんだよね。



後悔しない人生なんて無いのだろうが、
それでも僅かなことで喜ぶ姿を知りながら
日々雑事にかまけてそんな大切なことを
いかにないがしろにしているか考えてしまう。


心底悪い人間なんてそれほど居ないだろう、
誰だって人の痛みも分かる、
なのに一番身近な人に、身近だからこそ
ささいな気遣いを忘れてしまっているのかもと
そんな自戒の念さえ。

大がかりな作品ではないけれど
しみじみなかなか良い作品だった。



★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画は途中から「シックスセンス」もどきになって、こんな展開もあるんだと
軽い驚きとともに、結構良い映だった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf