「ある公爵夫人の生涯」アカデミー賞衣裳デザイン賞の豪華な扮装劇

2009年04月19日(日) 19時31分
「ある公爵夫人の生涯」★★★★
キーラ・ナイトレイ 、レイフ・ファインズ 、ヘイリー・アトウェル 、ドミニク・クーパー 主演
ソウル・ディブ 監督、2008年、110分



「本年度アカデミー賞衣裳デザイン賞を
受賞した衣装の数々を見るとき、
映画の贅沢な夢の世界に身を置く
心地よさを感じる、
チープだったら寒々しく感じるところを
見たことの無い世界へ一気に連れて行ってくれる」



広大な領土を持ち、
何不自由ない暮らしを手に入れても
「お世継ぎ」を産むという大切な「務め」が
重圧になる所などは
庶民には想像はできるが
実際の苦悩は想像を超えているだろう。

キーラ・ナイトレイは古典的で
硬質な美しさをもっているので
ピタリのハマリ役

コルセットや幾重の布や紐で固定された体が
しめすように、しきたりなどにがんじがらめになって
明るく奔放な性格が押さえつけられる様子は
やはりなんとも痛々しかった。

自分の運命を受け入れ
その中で自分をそして周囲を
幸せにするために、
諦めないとならないことも多いが
それでもその中で最大限自分らしさを
失わなかったようで
単純に現代とは比べられないが
何の制約もない現代でも
自ら考えすぎて動けないとしたら
どちらが「らしい」生き方をしているのか
分からなくなる。


自分達は今に生き、
何の疑問も無くこのシステムの中で
日々暮らしているが
かつて今から考えたら窮屈な時代が長く続き、
その中でよりよくするために
先人たちが様々な改革をしてきてくれた、
ふと自分達も享受するだけでなく
もっと考えるべきことがあるのだろうな
ぼんやり思った。

★100点満点で75点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


扮装ものはあまり好きじゃないが、この映画は安っぽい所が無く
予算が潤沢にあるということは凄いことだと改めて実感。

★映画ランキングはこちら
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf