「レッドクリフ PartU未来への最終決戦」堂々の歴史大作、大画面で楽しみたい

2009年04月16日(木) 0時09分
「レッドクリフ PartU未来への最終決戦」★★★★
トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン 主演
ジョン・ウー 監督、2009年、144分




「兵の数では圧倒的不利な
赤壁の戦い、見応えのある決戦模様、
そして累々と広がる倒れた血まみれの兵士を
カメラが俯瞰すると、虚しい気分が広がった」


ー 戦いに勝者ナシ −


見応えのある映像を
久し振りに楽しんだ、
歴史の戦記ものといういより
ここで真面目に描かれているのは
信義や忠誠、
損得勘定だけでない、人間の心を
生死をかけるギリギリの状態で
主人公達はどう動いたか。


誰もが出来るなら人の役に立ちたいとも
考えているだろう、
でももちろんそれは自分の幸せが前提だ、
まして現代で自分の命を懸けてなにかをする
なんてあり得ないのだから
簡単にこの映画に
自分を投影できるわけではないが
それでも何かしらのヒントはありそうだ。

向かい合う敵には精鋭もいれば
田舎から駆り出された俄か兵士も、
そんな敵味方がまさに面と向かって
刀や槍で戦う様子に、
主役の見せ場をうまく捉えつつ
爆発や群集の様子等々
ラストまで一気に駆け抜ける。


まさに大作の醍醐味を堪能、
さすがジョン・ウー、違和感なく
その映像を楽しむことができる、
この大掛かりなエンターテイメントは
劇場の大画面で楽しみたい。


★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


金城武は戦闘には無関係で常に涼しい顔で登場、
オシシイ役でした。

★映画ランキングはこちら
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf