「映画は映画だ」なれたかもしれない別の人生に泣く

2009年03月31日(火) 0時09分
「映画は映画だ」★★★★久々オススメ韓国映画
ソ・ジソプ 、カン・ジファン 主演
チャン・フン 監督、2008年、113分



「ヤクザのガンペと映画俳優のスタ、
強引な展開ながら
ラストのアクションには熱くなれる、
久々韓国映画でイキのいいのに出会った」



なかなか面白い韓国映画がなくて
スター映画以外の公開も少なくなったが
この映画のラストには満足。

無鉄砲でプライドだけは人一倍の俳優が、
ひょんなことからヤクザと
共演することになった、
映画を撮影し、時間を共有するうちに
お互いを理解していく。

スター俳優が自分のプライドと
現実の間でもがく様子を描きながら
実はこの映画の主役はヤクザのガンペ、
なれたかもしれない別の人生を
映画で演じながらも
彼は自分の生き様を変えられない
泣けるシーンだ。


とはいえ、切ないラストまでの
「泣き」の溜めがもうひとつで
傑作とまではいかなかったな、
それでも久々に熱い韓国映画に出会えて
まだまだ捨てたもんじゃないと
今年これから公開される韓国映画にも
期待したい。

この映画、韓国では公開は昨年の9月
初登場3位、大ヒットまではいかなかった、
ちなみにその時期「神機箭(シンギジョン)」が
大ヒットして長く上位に居座っていた。
こちらは公開は難しいだろうな。

★100点満点で80点★

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


主役のふたりは映画では初めて見た気がするが
これからもっと見かけるようになるのだろうな。

★映画ランキングはこちら
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf