「罪とか罰とか」劇団のお仲間で楽しんで作りましたって映画

2009年03月13日(金) 20時11分
「罪とか罰とか」★★★
成海璃子 、永山絢斗 、段田安則 、犬山イヌコ 、
山崎一 、奥菜恵 、大倉孝二 主演
ケラリーノ・サンドロヴィッチ 監督、2008年、110分




「大河で出世した宮崎あおい、
自由で透明な感じの蒼井優、
その次の世代の期待の
成海璃子を見に行ってきた」



この映画の出演者の中にファンや
気になる人がいるなら
充分楽しめると思うが、
「神童」とかの成海璃子を期待すると
がっかりするだろうな。


ここでは彼女はメインで出てくるけど、
それぞれの場面で脇役が常に強い印象に
残るからだ。

監督が劇団を主催し、
その舞台で馴染みの顔ぶれから
映画と言うより、生の舞台のほうが
面白いかもしれない。

TVの深夜枠くらが妥当か、
監督も成海璃子を充分生かしきっていないし、
オチもなんだかなーというレベル、
じゃあ、面白くなかったかといえば、
結構楽しめた。

犬山イヌコの声が耳から離れない。

何だソレ!

でも何かが決定的に足りないと思う、
それは映画的などこか突き抜けたモノ、
舞台では表現できないもの、
そんな映画的な解決が感じられなく、
ただまあまあ、笑えるって程度だった。

家に戻り、監督の主催する劇団を検索した、
5月には名古屋での公演があるようだ、
実際のフィールドではどうなのか
気になってる。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

成海はコメディとか新しい方向への挑戦はいいから、
今まで通りもう少し王道でがんばってもらいたい。

★映画ランキングはこちら
2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf