「ホームレス中学生」みんな良い人

2008年11月02日(日) 11時03分
「ホームレス中学生」★★☆
小池徹平 、西野亮廣 、池脇千鶴 主演
古厩智之 監督、2008年、116分



お笑いコンビ麒麟・田村裕のベストセラーを映画化。

中学2年生の田村裕は夏休みの前日、
学校から戻ると家賃滞納で団地に入れず、
戻った父親は「解散」と言い放ってチャリで逃走。

兄と姉と3人はホームレス生活を始めることになる。

有名な原作は読んではいないけれど、
なんとなく中身は想像がついた、
で、映画を見て途中で思ったのは
「ホームレス生活は意外と短かったんだ」ということ。


確かに現実として自分の中学時代に
こんなことが起こったらシャレにならないけれど、
ベストセラーになるほどのインパクトは
映画からは感じなかった。

映画を見ながら「何故本が売れたのか」と
関係ないことを考えたが、
丁度ケータイ小説も全盛の頃、
小難しい言葉が並んだ文芸ものより、
字も大きく行間も普通より開いている(たぶん)
読み易い本だったんだろうな、等々。

確かに映画を見た後はほんわかとした気分には
なるけれど、映画の内容、出来ともに
TVの2時間もので充分だった。


出てくる人たちがみんな良い人で
そんなのありえない、意地悪なヤツもいるはず
なんて、思ってはいけない映画で
これはその意味でおとぎ話のようだった。

兄弟の絆や親切にしてくれる周囲の人たちの
言動に暖かい気持ちになる、
そんな自分の心の「良い人」の部分を
再認識できる映画だった。

★100点満点で55点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

これもレンタルで充分、わざわざ大画面で見る必要も感じない

★映画ランキングはこちら
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf