「エリザベス・ゴールデンエイジ」迫力はあるが、内容薄め

2008年02月28日(木) 19時20分
「エリザベス・ゴールデンエイジ」★★★☆
ケイト・ブランシェット主演
シェカール・カプール 監督、イギリス、フランス、114分



今、何故かつての名作の続編なのか
それは映画を見たら分かるだろうと思って見たが、
その答えは分からなかった。

新大陸発見の頃、
すでに絢爛豪華な文化を持って、
その頂点にいた女王。

全てを手にした彼女が
唯一手にすることが出来なかったのが、
個人としての幸せだった。

気高く、洗練されているハズの
クイーンが家臣の前で弱みを見せることは
あっただろうか、
たぶんそういう人間的な部分があったにしろ、
それを仮面の下に隠して
完全無欠であって欲しかったな


スペインの無敵艦隊との戦いの描写の
ジミさには逆に目を見張った、
クライマックスなのに、盛り上がれないのだ。

それでも、政略結婚や
身分の確固たる違い、
そして宮殿内にいる多くの家臣、
なにもかもが現実離れしていて、
そのあたりは面白かったな。

産業で国を繁栄させることに
すでに行き詰まり、その矛先を
侵略や植民地支配などに向けた
その頃の事情を考えながら、
人間はどうしても自分の取り分を
余計に確保しておかないと安心出来ない生き物なのだと
確認した映画。

主演のケイト・ブランシェットは
圧倒的な存在感ながら、
脚本と演出で陳腐になる寸前くらいだった。

時々年に一本あるかないかくらいで、
なにもかもが完璧な映画に出会うことがある。
でもそれはめったにないと分かっているから、
新しい作品に期待してしまう。

この映画はもっと面白いと思っていたのにな、
ひどいとまでは言わないけど、
絶賛には程遠い出来だった。

★100点満点で60点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

石造りの宮殿のだだっ広い空間を見ながら、
寒かっただろうなーと。

★映画ランキングはこちら
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf