「中国の植物学者の娘たち」咲き乱れる花々の中、匂い立つ

2007年12月28日(金) 19時09分
「中国の植物学者の娘たち」★★★
ミレーヌ・ジャンパノワ 、リー・シャオラン、 リン・トンフー主演
ダイ・シージエ監督、2005年、カナダ、フランス、98分




厳格な植物学者のもとで
研修にやってきた主人公。

水墨画を連想させる山間にある
その植物園では
様々な草木が旺盛な生命を
誇らしげに示し、
人間はそこに捕らわれた生き物のようだ。

何か自分の意志とは関係なく
あるがまま、心の赴くまま生きる主人公は
初恋の気持ちをその植物学者の娘に覚える。

すごく東洋趣味というか、
西洋人の目から見た
触れる事の出来ないケースに入った
絵空事のような時間の流れを、スクリーンに見た。

現実とは隔絶されたような空間では
外の常識よりも、本当に大切なものが
分かるのかもしれないが
大人のお伽話を見ているようで、
そこには全くリアルな感じを受けなかった。

特に語られるものも無いけれど、
好きかと問われたら、ワリと好きな映画。

どこがと言われると
明確にここだとは言えないが
「パパイヤの香り」や「夏至」に
通じるような、
まさに見ている間は異空間を味わえる映画。

これだけ雰囲気で見せる映画なのに、
人物の心情を描くのは苦手なようで
そのあたりに少し不満が残ったが、
手をかけて愛情を注ぐからこそ
いつか実になるのだ。

★100点満点で65点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

音を消して画像を流しているだけでも
雰囲気がいいので楽しめるかもしれない。

★映画ランキングはこちら

ウィル・スミス強し!最新映画興行成績12/24付 2週連続首位を守る

2007年12月28日(金) 0時09分
ウィル・スミス強し!2週連続首位を守る
最新映画興行成績12/24付

「アイ・アム・レジェンド」が2週連続首位で
ニコラス・ケイジに完全勝利した。

まだ見てないけれど、やはり本命だったね。

順位  先週   
 1   1  アイ・アム・レジェンド

    予告が凄くよく出来ていて、近日見る予定。

 2   初  ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

    深みの無いストーリーを、展開の早さでカバー、
   見れば、その間中は十分に楽しめるつくり。
   正月映画はこうでなくてはという、お手本のような出来。


 3   2  マリと子犬の物語

    沢山のお客さんを集めているようで、10億円は
   完全に見えてきたようだ。
    映画自体はオーソドックスな作りだけど、
   お得意の動物と子供という最強コンビでまだまだ行けそう。

 4   初  劇場版BLEACH -ブリーチ-

 5   初 ルイスと未来泥棒

 6   3  えいがでとーじょー!たまごっち

 7   5  ALWAYS 続・三丁目の夕日

    40億目前で充分期待に応える出来で、
    こうなると「あれから半年後」とか、作られそう。
    「マリと子犬」と比べたら、こちらをススメます。

 8   初  魍魎の匣(もうりょうのはこ)

    これは前売りをもってるけど、評判は悪いね、
    原作はあの本の厚さでめげる。

 9   4  恋空

    35億達成、DVDまでの商売を考えると
    「これでいいのか!」と思えるほどの強さ、
    訳分からないことは多いけど、この作品の動員力も
    どうにも分からないひとつ。

10   7  椿三十郎

    正月映画にしては地味だったか、内容は悪くないけど、
    何かが足りないというか、最近はこの程度の展開では
    物足りないんだよね、もっと盛りだくさんでないとね。


アニメなどの子供向けの冬休み作品が3本ランクイン、
大作も出揃って、正月はこれでそれぞれの年代で
見るものには困らないかな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ミニシアター系も実は充実していて、こちらも見たい作品が。

★映画ランキングはこちら
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf