「カンナさん、大成功です」大切なのは外見?それとも内面?

2007年12月27日(木) 1時34分
「カンナさん、大成功です」★★★☆オススメ
キム・アジュン 、 チュ・ジンモ 、 イ・ハヌィ 、 キム・ヒョンスク 、 キム・ヨンゴン 、 ソン・ドンイル出演
キム・ヨンファ監督、2006年、韓国、116分



全身整形したら、
誰もが振り向く美人になって
恋も仕事も大成功!

なんてね、都合が良すぎる、
だから結局どうすればいいんだ。


整形の是非の議論は
他に任せることにして、
韓国は現職の大統領も目の整形を
公表するようなお国柄。

だから寛容かと思うと、
映画の中でも
「整形は否定しないけど、自分の彼女には
嫌だな」
などと主人公が
恋い焦がれる男に言わせるあたり、
これが普通の感情だろう。

何もかも捨てて新しくなったのに、
隠すことは、なんだか自分自身も
それを否定しているみたいに映る。

とはいえ、そんな真面目な題材に
切り込んだ映画では無くコメディとして、
韓国でも大ヒットした映画なので
期待して行ったが、
「それなり」の出来だった。こんなものだろう。


面白かったけれど、
軽目のコメディの域は出ない、
ポップコーンを食べながら
日本と微妙にずれた笑いのテンポを
楽しむのがこの映画の見方。

でもこのノリきれない、ノリ韓国映画なのだ


韓国の人は痩せている人が多い、
これは旅行中にも感じる、
でも地下鉄なんかで強引に座席に
割り込んでくるオハバは、やはり
腰や尻にたっぷり肉のついた
小太りな体系だったりするわけで、
痩せたい、美しくなりたいは
世界共通の願いのようだ。

映画が終わって日本語の歌が聞こえてきた、
最近ではハリウッド映画にまで
似たような事をしている、
これってどうかな。

ホントの映画ファンにとっては
邪魔くさいだけ、自分としてはやめて欲しい。

韓国ではエンドロールになるか
ならないかで劇場側が扉を開るので、
通路の光が入り込み
観客も一斉に立ち上がる。

お国柄ってこういうところにも。

★100点満点で70点
面白く見させてもらった★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ソウルで映画を見る時、日本と違うのは
チケットの買い方だ、多くが携帯で予約し
それを窓口や機械で発券している。

★映画ランキングはこちら
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf