「マリア」信じるものは救われる

2007年12月18日(火) 0時09分
「マリア」★★★
ケイシャ・キャッスル=ヒューズ、オスカー・アイザック主演
キャサリン・ハードウィック 監督、2006年、アメリカ、100分



キリスト信者ではないのに
クリスマスを祝い、
いつもは仏教でもない
ただの「神様」に身勝手な
お願いを重ねている。

旅行に出て、「無宗教」と答えると
心底驚かれるので
「仏教」とか「神道」とか言ってるけど
毎日何かに対して
自己犠牲も含んだお祈りはしてない。

そんな契約を神と結べるほどの
信仰心は無いからだ。

そんな不信心者が
キリスト生誕までの聖母マリアの
物語を見てどうだったかというと。

映画としてひとつの物語として
見たならワリと信じられそうな
説得力をこの映画に感じた

「くじらの島の少女」以来久しぶりに見た
主演のケイシャ・キャッスル=ヒューズは、
今回も普通の人間と違う存在として
描かれているが
随分大人になったけれど、彼女の笑顔は
可憐で無垢な感じ、
貧しい暮らしの中でも
日々の糧に祈りを捧げる姿は神々しい。

実生活でも昨年妊娠が報道されていたので
16歳にして母となったようだ。


しかしこれ程までに誕生を焦がれ、
期待を一身に背負ったキリストの
その後の苦難と
2000年以上経ってもなんら変わらない
>罪深い人間の存在って
どうなんだろうと思わずにいられない


結局人間は変われないのか、
奇跡を見たり、信じる心があっても
相変わらずひとりよがりな
自己中心的な存在だからだ。

映画自体の出来は悪くないけど、
やはりこの奇跡の物語は
不信心者にはにわかに信じられないし、
心からノレないのだ。

でもクリスマスも近い12月に
そのお祝いの意味を考えるには
いいのかなとも思った。

★100点満点で70点★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

何か絶対的に信じられるものを持てたら
人間はもっと強くなれるのだろうか?

★映画ランキングはこちら
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf