「スリザー」コメディホラー、他に形容できない

2007年12月11日(火) 0時25分
「スリザー」★★★
ネイサン・フィリオン、エリザベス・バンクス、マイケル・ルーカー主演
ジェームズ・ガン監督、2006年、アメリカ、96分



宇宙からナゾの物体が飛来、
そのなかから出て来た
なめくじオバケは
人の体内に入り、支配し
最後には地球滅亡へと。

よくある設定で、目新しいものなし、
それでもこの手の映画が好きなので
割りと楽しめる。

なめくじオバケが体内に入った人間は
ゾンビのような歩き方で
他の人間を襲うが、
唯一の武器がツバを吐き掛けることで
それに当たると体が溶ける。

このあたりはエイリアンを思わせるが
金属までは溶かせない
中途半端だったりする

笑わせどころじゃなくても
随所に脱力系の笑いがあり
怖さはほとんど無い。

もしこんなことが起こったら
なんて、真剣に考えさせるような
緊迫感や説得力もないため
安心して大袈裟な演技を見ていられる。

今更、なぜこの映画がと
思わずにいられないが
怪物ものが好きなら結構楽しめる

セクシー系の美女が
たいていは生け贄になるが
このあたりのハラハラしない度も
なんだかなーと。

ファンじゃなければ
完全にお金の損という映画
だけど、
社会派の考えさせる映画を見た後だったので
何も考えず、なめくじお化けの活躍を
見るのは悪くない時間。

★100点満点で50点
くだらないけど、まあこんなもんでしょう★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

似た映画は多数あり、「スピーシーズ」あたりの
割りと出来のいい映画より後発ながら
越えることは出来ないようだ

★映画ランキングはこちら
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf