「フライボーイズ/FLY BOYS」こんな青春の日々がもう来ませんように!

2007年11月30日(金) 20時42分
「フライボーイズ/FLY BOYS」★★★
ジェームズ・フランコ 主演、
ジャン・レノ 、 マーティン・ヘンダーソン 、 フィリップ・ウィンチェスター出演
トニー・ビル監督、アメリカ、フランス2006年、138分



ドイツがパリに進攻寸前で、
アメリカはまだ参戦する以前、
志願して海を渡ったアメリカの青年達の
戦闘機のパイロットとしての
成長物語。

すぐ側では実際の戦闘が行われ、
訓練を終えた主人公たちも
すぐに実戦に参加し、
仲間も失うことになる。


どこか間延びした感じと
緊迫感がないのは、
まだ戦いに秩序など、人間本来の
どこかで相手を尊敬するような
雰囲気をもっているからか。

同じ人間として、
卑怯な手は使わない等、
随所にまだまだ人間対人間の戦いを
意識するところが見えるが

戦争はこの後、
戦う相手の見えない消耗戦に入って行く。

主人公たちは実戦をかいくぐり、
いくつかの問題をクリアして
実際に成長を見せるが
なんだか喜びを共有出来ない自分を感じる

この戦争の時代、
他に選択は出来ないにしても、
戦闘という行為が何もそこから生み出さない
破壊行為であるため、
そのことを経験として成長することに
違和感を覚えるのだ。

そこが心に入ってこないため、
この映画のもつ戦争部分以外の
わりと明るい青春物語が
心に訴えてこないのは仕方ないのかもしれない。

これから製作される戦争を描いた映画が、
どんなことをその中で示してくれるのか、
これは自分たちがただ受け身であるだけじゃなく、
自分たちの望む形を
出来る範囲で発信していくべきなのかもしれない


★100点満点で60点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

どこかの世界の自分たちには何の関係も無い
戦争中の若者の成長物語と考えたら、
この映画はホントは割りと面白いのだ。

★映画ランキングはこちら
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf