「クワイエットルームにようこそ」レクター博士みたいだ

2007年11月24日(土) 21時39分
「クワイエットルームにようこそ」★★★
内田有紀主演、大竹しのぶ 、蒼井優 、りょう 、宮藤官九郎 出演
松尾スズキ 監督、2007年



自殺のつもりなんてないのに、
睡眠薬をビールで大量摂取して
そのまま寝たのか、昏睡したのか
同居の男性によって
精神科に入院させられた女が主人公。

クセのある患者がゾロゾロ出てきて、
大竹しのぶはその中でも好き放題やってる、
生き生きしてるからね、
たいした女優だ。

自殺するつもりは無いと言っても
大量の睡眠薬を飲めばどうなるかは
分かっていたはず、
仕事がそこまで追い込むのなら
その仕事は彼女には合っていなんんだろうな。

「それでも好き」っていう感情はわかるけど、
自分をコントロールできなくてはね。


内田有紀はハマリ役で
精神を少しおかしくした人達のなかで
普通であることと、そうでないのは
本当に紙一重だと納得させる


とにかくおかしな人ばかり登場するが
一番おかしく、そしてアヤしかったのは
宮藤官九郎だ。
前歯治せよ、お金は相当あるのだろうから。
今時タバコのせいなのか不健康な色の前歯前回で
ヘラヘラ笑ってる。

本当にオカシイ人は
実はフツーに暮らす日常の中にいるのかもな。

見逃したら損失と思えるような映画じゃないけど、
ゆったり椅子に座って
オカシナ世界を見ている側であることに
少し安心できる


「レクター博士みたいだ」というのは
手足を拘束された主人公を
お見舞いに来た男が「羊たちの沈黙」の
登場人物を連想して言った言葉。

自分の意思と関係なく
人は日常に縛られているのかもね。

★100点満点で65点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


蒼井優のフツーのなかのキレた女の子というのが
一番怖かったな。

★映画ランキングはこちら
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf