「キサラギ」ずれているのはどっちなのか、楽しんだものが勝ち!

2007年07月31日(火) 0時39分
「キサラギ」★★★★面白いよ!
小栗旬、ユースケサンタマリア、小出恵介主演
佐藤祐市 監督、2007年、108分



3流アイドルが自殺した、
ひとりのファンがその一周忌をネットで呼びかけ
5人のファンが集まった。

面白いと評判の映画をやっと見た。

ひとつの部屋で展開される話は
思わぬ方向へと進み、
落ち所がどこになるのか、
謎解きの要素も加わって面白かった。

脚本がうまいんだよなーと
終始感じながら、
濃密でどこへも逃げられない中、
新たな事実が加わって
登場人物の誰もがどこかおかしく、
でもこれは全ての人に
どこか当てはまることだとも感じた。


ファンのアイドルへ向ける情熱は
他人からは分からない
ものすごいエネルギーだ。

それがもっと別の有効利用があれば
世の中は確実に良くなりそうだが、
人間はその馬鹿馬鹿しいことに
分かっていながらのめり込んでいくものなのだ。

自分も映画のチラシを集めている、
そんな人は身の回りには皆無だ。

何が面白いの?と言われるけれど、
理由なんて無い、ただ劇場でチラシを見つけると
スッと手が伸びて、
同じ映画の2種類目や裏の柄違いなんかを
見つけるとかなり燃える。

これはもう同好の人としか分かりあえないし、
しばらく停止しているが
以前はネット上でチラシにお金を出して
買っていたしね。

ファンなんてものはそんなもの、
マニアックになればなるほど
理解は難しく、同じ程度のマニアとは
ホントに分かり合えるのだ。

ここに描かれるコアなファンも
他人から見れば、どうかしてると思えるが
真っ当すぎるくらい、真っ当なのだ。

この映画は。良くできている。
ラストには泣きそうなシーンまで、
でも何か足らないとすれば
華がないかな、でもそれは欲張りか。

★100点満点で85点くらいか、
映画の大画面の醍醐味には欠けるか★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ドランク・ドラゴンの塚地が肩の力を抜いたとぼけた味を出して
役得だったか。

★映画ランキングはこちら
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf