「しゃべれどもしゃべれども」伝えたいことがあるなら何としてでも伝えるしかない

2007年06月03日(日) 0時27分
「しゃべれどもしゃべれども」★★★★オススメ
国分太一、伊東四郎、香里奈主演
平山秀幸監督、2007年



うだつの上がらない二つ目の落語家、
芸にかける情熱は充分あるが
自分のスタイルを探している状態の主人公。

彼の元に話がうまくなりたいと
面白いキャラクターの三人が集まった。

映画の日、1000円ならいいか、くらいの気持ちで
映画館へ。

冒頭のセリフ回しがうまくて
すぐに映画の中へ、
国分君は張り切りすぎの大きな目が気になるし、
香里奈が話がうまくないというだけで
モテないというのも、なんとなく納得は出来ないが
それでも所々のハッとするような言葉が
いくつも散りばめられて
とても面白かった。

口数の少ない野球解説者が
夕暮れの草野球場で
「好きなこと諦めたら、一生後悔するぞ」
朴訥な人からの不意の名言が心にしみる。

しゃべってもしゃべっても人に伝わらない、
伝えたいことはある、
がんばってもいる、だけどそれだけでは伝わらない。

自分の胸に聞く、
伝えたいことはあるのか、
そして充分それは伝わっているのか、
そのための努力をしていうのか。

普通にやっていれば時間は過ぎ、
目の前の事柄はとりあえずは終わる、
そしてまた同じ日常が始まる。

同じ繰り返しなら
やはりこの映画の主人公のように
相手に伝えたいと思った。

人に教えること、
そしていくつかの事柄でふれあい、
主人公は少しだけ、ほんの少しだけ
成長する、
その辺も良かったな、あんまりに大きな成功を得てしまうと
うそ臭いからね。

しゃべれどもしゃべれども

その言葉は相手に伝わるといいな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

国分君は張り切りすぎが印象に残ったけれど、
自分の芸を高めるための様々な事柄は
なんか、そういう積み重ねが力になるのだとあらためて考えさせられた。

★映画ランキングはこちら
2007年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf