「初雪の恋」宮崎あおいの表情を楽しむだけの映画

2007年05月18日(金) 20時10分
「初雪の恋」★★★
イ・ジュンギ、宮崎あおい主演
細谷まどか 監督、日本=韓国 、2006年



設定は悪くないと思うんだけどな、
印象的なシーンはいくつかある、
舞台の京都の町並みも
異国情緒たっぷり。

韓国の人が見たら
日本の美しい古都に興味を持ってくれるかもしれない、
雪の降る韓国の景色も美しい。

そして可愛い宮崎あおいと
韓国の売り出し中の美形スターの共演。

全部悪くないんだけど、
物語り中盤に差しかかるあたりで
なんだか諦めモードに。

出来の悪い韓国の映画そのものなのだ。
スターは登場している、
それぞれ印象的な笑顔やしぐさを見せてくれる、
だけど肝心なストーリーがダメダメなのだ。

量だけは大量にやってくるようになった
韓国映画、だけどまだまだ光る作品は少ない。
とりあえず作っちゃえ!という
勢いの良さはあるにしても、
見るべきところのある映画はまだ少ない。

だったら完全に失敗作かというと
これはもう見方を変えて
ファンになりきって
宮崎あおいの巫女さんの姿、
浴衣、悲しげな表情、微笑む時の瞳のきらめき
そんなものを楽しむだけでも価値はある。

1000円とか出すともったいないので
レンタルまでまっても充分。
関連グッズがたくさん出ていたけど、
コアなファン向けに商売するのはそろそろやめて
もう少し幅広く取り込めるように
まずは見所のある作品をつくってもらいたい。

この映画が日本と韓国映画の結び付きを
さらに強めるようなものになるなら
それだけでも価値があるかな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

撮影が京都が主なので韓国の人がその情緒を
楽しんでくれたら日本人として嬉しい。

★映画ランキングはこちら
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf