「私の頭の中の消しゴム」ソン・イェジンの存在で成立する映画

2006年12月17日(日) 15時07分
☆昨日TVで放映されたので、昨年10/28の記事を再掲載する。☆

「私の頭の中の消しゴム」★★★★
ソン・イェジン、チョン・ウソン 主演

すべての音を消して
彼女のこわれそうな
笑顔を見ていたい。

光に溢れ
何も恐れず、疑いもせず
輝く笑顔を繰り返し、繰り返し。

傷ついた心を抱えながらも
お互い無垢のような心で
相手を受け入れる二人。

魂の出会いがあるとしたら、
この映画で
その稀有な場面を見てしまったのかも。

劇的なことが次々起こるような映画じゃなく、
ラスト30分までは、何気ない日常を描く、
仕事やお互いの過去や
幸せな気持ちや誰もが感じることが積み重ねられていく。

でもそれはやはりとても大切なこと。
誰かと向き合うこと、
そして自分の立つ現在の環境
すべては計画なんてなく、訪れるもの。

役者の持つ資質を熟知して
うまく作り上げた物語を
一本の映画として普通に楽しみたい、
韓流ブームとかでなく
ここにはスターの輝きを持つ二人の役者がいる。

大切なことは忘れない?
仕事上ワリと多くの人と出会うが
見事に名前を忘れてしまう。
それは自分にとってそのくらいの関係だったのか?

答えはこの映画の中にもある。
大切なことは忘れない。
それはきっと形を変え、
自分の心を豊かにしてくれているのだから。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf