この奇跡のような時間

2006年11月28日(火) 20時58分

同じ空間にいても、膝がつくほど近い距離で
話さないと、なかなかお互いの事は分からないものだ。

全然別の場所から集まり、
前職もさまざま、
今年の4月頃には
お互いがひとつの教室で学び、
少しずつお互いのことを話して、
隣に座り、ひとつの問題に取り組むなんて
想像もしていなかったよね。

そう思うと力が沸いて来る、
これが終わりであっても、また同じように出会い、
また同じように笑って、お互いのことを
話してるのだろう。

また会いたいねと誰かが言った。
そうだねと誰かが答えた。
それは本当の心であり、しかし約束の無い言葉でもある。

今夜は楽しかったね、
すごく笑ったよね、誰かの笑い声と
誰かの笑い声が交じって、このひとときは真実だった。

オレはまた新しい人達を迎えるよ、
同じような繰り返しでありながら
全く違うものだと感じてる。
だって一人一人みんな違うからね
この奇跡のような時間をありがとう。

★また会えると思ったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf