「親指さがし」松山ケンイチって映画で全然違う人に見えるね

2006年08月31日(木) 0時32分
「親指さがし」★★☆
三宅健、伊藤歩 松山ケンイチ 主演
熊澤尚人 監督、2006年

小学生の頃、
廃屋で友達6人でやった
「親指さがし」

みんなで手を繋いで、
呪文を唱えると、
何処かの部屋に居て、
ロウソクを吹き消すと
元に戻れるのだが、
一人の少女がそこで消えた。

呪いなのか、
未解決のまま、生き残った友人は
20歳の同窓会で再会する。

怖さが足りなかった、
オチも納得いかないが、
まあこんなものだろうか。

主演の三宅健は韓国でこの映画の宣伝をしたそうだが、
ホラー好きの韓国でもこの映画はどうなんだろう。
怖さでは系統は違うが「ディセント」が
身震いするくらい怖かったので、
この映画程度の怖さとその理由では
物足りなく感じるようだ。

しかし松山ケンイチっていう役者は「デスノート」とは
別人で登場でこの変わりようのほうが
怖い感じだ、なんだかいい役者になっていきそうな予感。

★参考になったらクリックもよろしく!←ランキング参加中、現在8位辺り下降気味

2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf