ラムセス2世像「大エジプト博物館」へお引越し

2006年08月28日(月) 0時44分
ラムセス2世像「大エジプト博物館」へお引越し

今でこそ、年に2度、3度と海外へ出かけてますが、
初めての海外はエジプトでした。

ピラミッドを遠目に見たときは、
大声を上げて泣きました。(これ、ホント)

長年の憧れでした、
あれ以降同じ様な感動はまだ味わっていません。
きっとあの感動を超えるような
景色などを求めて旅行を続けているのだろう。


そんなエジプトから気になるニュース。

テーベの都に2000年に渡って増改築が繰り返された
カルナック神殿があるが、
この中のプタハ神殿にもともと1対で立っていた
新王国時代のファラオ、ラムセス2世の巨像。

これは1体はカイロ市内のラムセス中央駅前に置かれ、
もう1体は足が破損しているため、メンフィスにある建物の中に
横たわっている。

25日にカイロのラムセス中央駅前から
この巨像が移転された、今度は
ギザの「大エジプト博物館(2011年完成予定)」
建設予定地でピラミッドを見つめるのだ。

この「大エジプト博物館」はなんと予算の半分を
日本政府が円借款し
その強力なバックアップのもと、
少し静かな場所でこれからまた何千年と存在し続けるのだろう。

★少しはエジプトに興味が出たらココもクリックよろしく!←ランキング参加中
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf