2006年インド旅行4日目Aベナレス(バラナシ)2日目

2006年08月21日(月) 8時28分
ベナレス(バラナシ)2日目/2006年インド旅行4日目A
早朝のガンガーを漂うようなボート体験の後、やっと朝が始まる・・・。

一旦ホテルに戻り、コーヒータイム。
その後バナラシ鉄道駅に向かう。

ここからバスでサルナートへ行こうと、
バスを探すが分からないので、
オートリクシャーに
駅→サルナート→ゴードウリヤーまでを交渉し、
250ルピーで乗車、
渋滞の道を車やバスの
わずかな隙間を縫うように、走りだした。

幹線道路を折れると急に道の状態が悪くなり、
激しい振動で笑ってしまう。
これでは車の傷みも早いだろう。

サルナートはブッダが初めて説法をした場所、仏教徒の
聖地。
遺跡が整備された公園内に点在し、
さっきまでの喧噪から離れて静かな場所だった。
オレンジの袈裟を来た僧侶がゆっくりと歩いている。

韓国人の団体が木陰でガイドの話を聞いていた。

待っていたリクシャーに乗り込み、ゴードウリヤーへ。
ホテルに近い車両の乗り入れが可能な場所まで乗せてもらう。

もう昼を過ぎているので、辺りをブラついて食事の出来る場所を探し、
レストランの看板を見て建物の中に入った。

そこは中庭の一部をレストランにしていて、
すぐそばには寺院があり、また一番端のテーブルの脇には
なんと牛が3頭つながれていてビックリ。
日本なら衛生面ですぐにクレームがつきそうだが、
牛達がのんびり藁みたいなものを食べている横で、
観光客が何かを食べているという不思議なロケーションだった。

この店になんとムサカがあったのでオーダーした。
ムサカはギリシャのアテネに行った時に食べたが、
まさかインドのこんな牛の側で食べられるとは。
ムサカとドリンクで100ルピー、満足してホテルに戻った。

夜にはまたガート近くをブラつき、絵葉書を100枚くらい購入、
一枚1ルピーと格安。カフェでチャイを飲み、
葉書を書いたり、日記を書いたりしてガートを
川辺まで降りて、暗いガンガーの川面を見つめたりした。

何か見えるとでもいうかのように、気が付けば周囲の多くの人が
同じ様に揺れもしないガンガーの川面を見つめているのだ。

★ここまで読めたらココもクリックよろしく!←ランキング参加中


2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf