インド旅行3日目@/ムンバイ→ベナレス(バラナシ)

2006年08月04日(金) 21時46分
今年3月のインド旅行3日目
ムンバイ→べナレス2006/3/16@

チェックアウトは案外スムーズにいき、一日の良い出だし。
タクシーで国内線の空港へ。500ルピー〔1,500円)

6:20チェックインを済ませてパスを手にした。
航空券を日本でインディアン航空の予約をしていたが、
プリントアウトした予約が本当に大丈夫か
すごく不安だったが、スムーズに完了でほっとする。

日本の代理店にはジェットエアーを勧められた、
チケット代が全部で5万円位、
日常的に遅れるというインディアンエアーは3万円ちょっとだったので、
自力で購入していた。
ムンバイ→ベナレス2万円
ベナレス→デリー1万円

途中の遅れをデリーで取り返し、ほぼ定刻に
ベナレスに到着。

2時過ぎにはアルカ・ホテルに着いた。
朝からホテルに着くまでには、
タクシーとの値段交渉、
空港カウンターでの並び順の確保、
荷物の心配等々、あれこれあったが、
まだ3日目特に問題ナシ。

荷物をほどいて、シャワーを浴び、さっぱりしてから
テラスでチャイを飲んでほっとした。

ここバラナシでの目的はひとつ。
ガンがーを見ること。
これからの4泊5日、
インドはもちろん世界中の観光客を集める
ガンジス川の景色を飽きるほど見ようと思った。

部屋に戻り少し眠る。
夕暮れ少し前、コーヒーを飲みにテラスに降り、
その後、やっと外へ出た。

自分で細い路地を歩きだすと、いくつか角を曲がった時点で、
もう帰り道を覚えようとするのはやめた。

突進して来るバイク、寝そべる牛、その横に動かない人間、
旅に非日常を求めているところもあるが、
これはその限度を越えている。予想以上だ。

ひとつ角を曲がると急に前方が開け、大きな通りに出た。
舗装されていないのでなんとなく通りの建物は全体的に
埃っぽい。たくさん並んだ商店の軒先に吊り下げられた
夥しい極彩色の布が一層鮮やかに目に飛び込んで来る。

地図でおおまかな地形をイメージして歩き始めたので、
道を左に折れて少し前歩くと、そこにガンがーへ降りる
階段が見えた。
川べりは照明が当てられ、何かが始まるらしい。 (続く)

★何か感じたらココをクリック!←ランキング参加中

「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す

2006年08月04日(金) 0時05分
「ハチミツとクローバー」★★★☆
櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演
高田雅博 監督、2006年

原作は読んだことはない。
この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。
宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を
映画で示していないが、
それでも気になる存在に変わりない。

あんな無垢な笑顔を魅せられたら
誰だって恋に落ちるだろう。

この映画は美大の
ある研究室にかかわる学生の
それぞれの片思いを描いている。
安そうな寮の一階の庭で集まって、
肉を焼いたり(あれは屋上だったか)、
魚焼いて皆で食ったり、何か楽しそう。
まさに青春っぽい設定だ。


加瀬亮は相変わらず、彼のキャラのようなそうでないような
あまり色の付かない人物を好演、ストーカーまがいの
気持ちは真っすぐだけど、やはりどこか歪んでいる男を演じている。

そのストーカー男をさらにストーカーしてる美大の
後輩とは、海辺の旅館の宴会で「宇宙一分かり合える」とまで
盛り上がるが、気持ちは別の方向を向いて
重なり合わない。

青春まっしぐらの櫻井翔演じる男は、蒼井優に一目ぼれしているが、
彼女は振り向かない。
ちょっと恥ずかしい位の青春っぽい行動をするが、
何故かこの映画のなかでは突出することなく、
収まっている。

特に盛り上がるシーンがあった訳でもないし、
テーマは身近ながら、状況的に同感することもないが、
それでもカーッと熱病のように高まる気持ちや、
伝わらない諦めの気持ちは、胸のどっかを確実に揺さぶる。

斜に構えないで気軽な気持ちで見ていると、
そのうちどこかのシーンにジワッとしているかもしれない。
暑い夏の日差しを逃れて、映画館で2時間のお伽話を
楽しむのも悪くない。

★ここまで読んだらココをクリックよろしく ← ランキングに反映されます。

★人気マンガを原作に持つこの映画、ファンはどう感じるのだろう。
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf