最新韓国映画「卑怯な通り」チョ・インソンが凄みを見せる

2006年06月16日(金) 23時58分
今年2度目のソウル滞在中。
日頃の行いの良さからか、何故か飛行機はビジネスクラスが
割り当てられ、飛行時間が短いのが損した気分は初めて。
食事とか全然違うんだね。

今回のソウル1本目は昨日公開されたばかりの
チョ・インソン主演の新作。

「卑怯な通り」★★★☆
チョ・インソン、ジング、ナム・グンミン主演

小さな暴力団組織のナンバー2の主人公、
他の暴力団組織との抗争を経て
次第に力をつけていく。

そのためには手を血で汚す事になる。

かなりハードな暴力シーン、この迫力は久しぶりだ。
チョ・インソンは、どちらかというと優しいイメージだが
この映画でそのイメージを払拭する。

まだ画面を支配するほどの迫力には欠けるが
渾身の演技には心が震えた。
やはりたまにはこんな勝負の作品で頑張って欲しい。
1歩間違うとマイナスになるが、この作品は大丈夫。

しかしこうもヤクザものが多いのはどうなんろう。
チングに裏切られ、愛しい人とは結ばれない、
その苦悩は伝わるが、泣きの部分が弱い。

感情の爆発の前に失速した感じだ。
でもかなり良作を見たと実感。
幸先良い。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★今日のソウルの天気は曇り、日本でヤフーの天気を調べたら
30度近い温度で快晴のハズだったのだが。
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf