「間宮兄弟」ゆるーい笑いのほのぼの映画

2006年06月02日(金) 16時51分
「間宮兄弟」★★★☆
佐々木蔵之介、塚地武雄主演
森田芳光監督、2006年

この映画を見て笑ってやるゾと
意気込んで見に行くと肩透かしを食らうけれど、
ゆるーい笑いと映画の作り出す
ほのぼのとした感じは悪くない。

実際にこんな兄弟がいたらキモイだろうが、
こんなふうに兄弟であろうと
誰かと蜜に触れ合うことって
なかなか無いよな。

どちらかに合わせるのでなく
お互いが考えていることが、ほぼ一致して
同じ時間を楽しく過ごせるなら
こんな幸せなことはない。

「かもめ食堂」の持つ
硬質で独特な雰囲気は
この映画ではもうひとつ、特に目新しさは感じないが、
ただ簡単に作られた映画でなく
作りこんでいるのが感じられ
それが見ている時間を心地よくさせてくれる。

こういう映画はTV画面で見ても
それほど映画館にこだわる必要はないかもしれないが
同じシーンに会場の人達が
同じ様に反応し、楽しむ雰囲気というのは
やはり劇場でしか味わえない。

1000円なら損なし。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★佐々木蔵之介って演技うまいね
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf