「イノセント・ボイス」12歳の子供が銃を持つ現実

2006年02月24日(金) 18時42分
「イノセント・ボイス-12歳の戦場-」★★★★
ルイス・マンドーキ監督、2004年、メキシ

ポップコーンを
食べながら見ると
罪悪感を覚える映画だ。

1980年、中米の小国エルサルバドル
政府とゲリラの内戦下にあった。

12歳になると戦場に駆り出される
村の子供たち、
政府軍とゲリラの狭間で
明日を夢見ることさえできない。

テロや内戦のニュースは
今でも日本から遠い国から
時折知らされる。
しかしTVの報道映像でなく、こんなに
具体的に見せられると
考えずにはいられない。

このまま無関心でいていいのかと。

時々、自分の無知に青ざめる、
そして様々な情報を手に入れられるはずなのに
無関心であったことにも
うなだれる。

国家も成熟するはず、
若い国はまだ目指す道の途上にある。
手をこまねいて見ているだけなのか
アメリカのように正義の下に
干渉すべきなのか。

しかしこの映画からのメッセージは
あまりに強烈過ぎて
消化しきれない。
何から手をつけていいのか全く思いもつかないのだ。

★よし、この映画見てみようと感じたらクリックもよろしく!←ランキング参加中!
2006年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf