「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代

2005年11月30日(水) 18時35分
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆
ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演
マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ

この冬一番の大作が
いよいよ公開!

「ロード・オブ・ザ・リング」に
うつつを抜かしていたので
「ハリー・ポッター」はどうも
横目で見ていたが
公開されれば、どんなもんか
もちろん見に行きます。

クィディッチ・ワールドカップ
決勝戦で、
空に現れた不吉な印。

そして新学期が始まり、
100年ぶりに
「三大魔法学校対抗試合」が
ホグワーツで
開催されることになった。


これから映画界でも活躍しそうな
予備軍が大量に出演し、
展開も相変わらず早く
映画の醍醐味に溢れている。

しかし、ふと思ったのは
「これで子供はこの映画を楽しめるの?」

画面全体は常にダークなトーン、
おどろおどろしい登場人物、
そしてとうとう善良な少年が殺されるとこまで
いくとは、ちょっとビックリだ。

ハリー達は、大人の扉を開け
子供時代に決別するが、大人の世界も
それほど悪くないよと言ってやりたかったな。
別に大人になることはそんなに
苦難や不条理ばかりじゃないってね。

最初の不遇だけれど
「何か」を持っている、輝くような笑顔を持つ少年の
成長物語が、こんなひとつの結末を迎えるとは
思わなかった。

もうこの映画にはファンタジー色を求めないのか。
吹き替え版で見ている小学生あたりの反応は
どうなのか、ちょっと気になった。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

★全米でシリーズ最高の出足となったシリーズ4作目。
日本では逆に1作目の200億から、少しずつ興行収入は
下がっているようだ。
@第1作「賢者の石」が203億円
A「秘密の部屋」が173億円
B「アズカバンの囚人」が135億円
とはいえ、スゴイヒット作だ!

「バタフライ・エフェクト」レンタル開始・必見!

2005年11月30日(水) 0時23分
★レンタル開始されたので、是非見てください!
見て損ナシ!

以下は短縮版なので、完全版←もチェックしてください。

「バタフライ・エフェクト」★★★★
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート主演

予備知識が
全くなしで見た。
詳しい内容解説は
HPに任せるとして、

映画の冒頭でも出てくるが
キーワードはひとつ。

『蝶の羽が世界のどこかで
揺れただけで
変わってしまうこともある。』

アイデアは全く新しいわけではないが
見るものを居心地悪くさせるような
物語の破綻もなく、
脚本が秀逸。

何より主役のアシュトン・カッチャーの
クルクルと変わる表情は生き生きとして
サスペンス色の強い内容ながら
肉声がちゃんと聞こえる作品にしている。

これは役者の魅力なのだろう。

誰もが
「もしあの時やり直せたら」とか
「あの時の恥ずかしいシーンを消したい」とか
考えたことがあるハズ。

この映画はそんな普遍的な気持ちを利用しつつも
やはり現実を受け入れようとする。
そしてラスト。

「そうなるのか!」と思いつつ、
見ていると突然すぎるラスト。
そのシーンにかぶさる曲が、その時の気分にあまりに
はまって、涙・・・。
ハッピーエンドなのに悲しすぎる。

期待していなかった分、すごく良い映画に出会えて
これだから映画館通いはやめられないんだよね。

★共感、もしくは記事を読んで映画が見たくなったらクリック!よろしく←ランキング参加しています
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf