「ローレライ」レンタル開始

2005年11月29日(火) 16時46分
★レンタル開始されました、過去の記事を再掲載します。
以前の短縮版ですので←クリック!過去記事も参考にしてください。

「ローレライ」★★★☆(☆ひとつおまけ)
役所広司、妻夫木聡主演

設定が面白い。
ありえそうなストーリーも
見ているこちらに
興味を湧かせることに
成功している。

戦争映画では必ず、
「何のために」戦うのかと
劇中で問うシーンがあるが、
それを家族の為とかに
すり替えたりするのは
もう止めた方がいいんじゃないか。

戦争時はたぶん「何のため」なんて
考えることは無かったと分かっているから。
それは国中のほぼ全員が、徹底した教育の元
そういうものだと教え込まされていたから。

反対の意見を持つことは、本や
ドラマで描かれるけれど、本当に少数だったのは
事実だから。

「ローレライ」は「名作」となりえる「大作」の
そのどちらでもないが、心意気は買いたい。
潜水艦が急速潜水するときに
乗組員が艦内を同じ方向に走るシーンなどは
かなり以前に作られた「U−ボート」の方が
今見てもはるかにリアルに描かれている。

しかしそんな粗探しみたいなことはしたくない。
歴史のある部分と向き合い、
その中で娯楽としての映画として
いいものを作ろうという意気込みは
充分伝わるから。

この1作に賭けるなんて考えないで、
この規模の作品をもっと作り続けて欲しい。
いつか興奮するくらいいい作品が出来るはず。
その意味で★3つでしたが、☆をおまけしました。

割りと面白く読めたなと思ったら、クリックよろしく!← ←

ただ頑張ったCGだけど、時々すごくチャチで
笑いそうになる。もう少し頑張ってもらいたい。

「ランダム・ハーツ」余裕の演技、上質だけど物足りない

2005年11月29日(火) 7時40分
「ランダム・ハーツ」★★★
ハリソン・フォード、クリスティン・スコット・トーマス主演
1999年、アメリカ

マイアミ行きの
飛行機が墜落した。
妻が乗っていた警官を
ハリソン・フォードが、
夫が乗っていた上院議員候補者を
クリスティン・スコット・トーマスが
真に迫った演技を見せる。


ハリソン・フォードは
多くの有名なヒット作に主演しているが、
固定したイメージを持たないので
どんな役も見ているこちらもすんなりと
受け入れることができる、これは演技のなせる技か。

ただこの設定が、
結局不倫されて生き残ったもの同士が、
お互いの気持ちを通い合わせていくという部分が、
どうも「どうして、そうなるんだ?」という
印象を拭えず、受け入れられない。

これってヨン様の「4月の雪」と同様の設定で、
やはりこの一点だけがもう少し丁寧に描いてくれないと
なるほどと思えないのだ。

行きつ戻りつする自分の心、相手の心、
その微妙なバランスをうまく見せてくれているが、
やはり大作待機中にちょっと出ておこうかといった
軽めの作品でした。
ただ「6デイズ7ナイツ」よりは,遥かに出来は良かったです。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf