「耽溺者ジャンキー」無敵のブリジット・ローガン

2005年11月24日(木) 7時40分
「耽溺者ジャンキー」★★★☆
グレッグ・ルッカ著、講談社、670ページ、1,000円
2005年2月発行

タフなヒロインは
ポルシェを乗り回し、
探偵を生業として、
人に言えない過去を
胸に閉じ込める。

友人の事件に
首を突っ込んだことから、
彼女は自らおとり捜査として
ドラッグ密売組織に入り込む。

いい訳めいたことを一切言わず、
分かる人が分かってくれたらいいと、
体を張って突っ走る。
どんどん嫌な展開に追い込まれながらも
決して弱音をはかない最強のヒロインだ。

かなり厚い文庫、
読み応えアリ。

緊張感の度合いはレベルを超えているが
高いところで持続とまではいかず、
少し低空飛行で、盛り上がりにかける。
ハードボイルドなら、心を熱くさせるシーンを
読み手は望むもの。

興味深いヒロインを見た気がするが、
絶賛!にはもう一歩。
ただ読んで損はない。次のページが気になる本でした。

ボディガード、アティカス・コディアック・シリーズの
番外編でアティカスの恋人のブリジット・ローガンを
主役にした物語。
この本シリーズも読みたい気になった作品でした。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf