20万アクセス達成!

2005年11月22日(火) 18時37分
★200.000アクセス達成しました!★

昨年2004年12月22日より開始したこのブログ
最初の記事は
「カンフー・ハッスル」に涙

あれから11ヶ月、本日2005年11月22日午後6:45
先ほどカウンターが「200.000」を刻みました。
たくさんのアクセスありがとうございます。

これからも映画に旅に読書にと、
そのとき気になったもの、体験したものを
書いていきますので、
また読みに来てください。

現在「Blogランキング、映画・全般部門」第5位です。
励みになりますので、ランキングのクリックもよろしく! ←ココ

もちろんTBはいつも大歓迎です。

懐かしの愛知万博・モロッコ館より


「2046」ここでは誰もが孤独をかかえる

2005年11月22日(火) 7時40分
「2046」★★★☆
トニー・レオン,木村拓哉,コン・リー,フェイ・ウォン,チャン・ツィイー主演
ウォン・カーウァイ 監督、香港、2004年(wowow鑑賞)

色と揺らめくカメラワークが
美しいので、
セリフだけ消す
ボタンがあれば、
映像と音楽だけで
充分に楽しめそうだ。

ストーリーを追う必要はない、
生身の人間もアンドロイドも
決して触れることの出来ない向こう側で
パントマイムをしているようだ。

どの人物も哀しそうに見えるのは
何故だろう。

この映画から浮かび上がってくるものは
人間の抱えるむき出しの「情熱」という
厄介なものだ。

情熱が人を動かし
人を喜ばせ、時に絶望させる。

この映画自体から、その情熱は伝わらない。
登場人物の
誰もが、そのような熱を持っていないからこそ、
こちらはそこに描かれていないものを見て、
そこに「情熱」を感じるのだ。

動き出して、その行く先が違うと気がついたら
一度止まって、別の方向に行けばいい。
人間はその力を持っている、
運命はきっと、自ら切り開いていくものだからだ。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

★読み返しましたが、感想にはなっていませんね。
映画は見て損ナシです。

2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf