「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした!

2005年09月18日(日) 1時17分
「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演

毒のあるお伽話だ。

人を信じられない大人と、
まっすぐの視線で
世の中の全てを見つめる子供

無機質で灰色の外の現実世界と
極彩色のチョコレート工場内部

甘く夢のあるチョコレート工場に
こどもらしくない子ども達が
醜悪なものに変えられていく。

対比に逆転に気持ちよささえ感じる。

隅々にまで懲りに凝った映像。
お金がかかっているその匂いさえ
プンプンする。

お伽話はそういうものを
全部魔法でくるんで幸せな気分にさせてくれるもの。
でも現代のお伽話はもっと毒が効いている。

贅沢な映像で楽しめる。
創造の世界を堪能していると
ハッピーエンドがやってくる。

おいおい、とちょっと戸惑う。
それじゃ典型的なお伽話じゃん。
悪くはないけど、最後もちょっとニヤリと
させるような何かが欲しかった。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

ジョニー・デップは好きな仕事を自由に選んで
その役を嬉々として演じている。
だから目が離せない。ダメダメな作品でさえ
気になって仕方ない。
この作品は及第点。大画面で見ないと映像の贅沢は味わえない。

2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf