「静かなノモンハン」知る・知らないということ

2005年09月12日(月) 21時59分
「静かなノモンハン」★★★★オススメ
伊藤桂一著

知人に紹介されて
この本を手に取った。

色んなところでキーワードの様に
「戦後」は終わっていないと
知らされた。

そしてこの本。

昭和14年5月、今は知られることもない
はるかな地で
我らの祖先が、幻想のような「戦争の意義」の為
殆どは20代で遠く日本を思いながら
酷い死に方をした事実。

僅かに生き残った3人に取材した
この本は、生き生きとした語り口である分
その事実、読んでいる間中感じる
虚しさと生きるということ、死ぬということ
それらギリギリの状況が
何かを伝える。

人は何の為に死ねるか。
死ななくて良い時代で良かった、
そして死んでくれてありがとう。
だからこそ自分の「生」を大切に
何かしらの意義をもって過ごすべきと
強く感じさせるドキュメンタリーだった。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★地下鉄で移動中に読むことが多く、
あとちょっと揺れたら涙がこぼれそうなときが何度か。
ただ、こんなことで泣くなよと文章は力強く、
きっとこの作家はこの本を書き上げたとき
誇らしいような達成感を味わえたのだなと
羨ましく感じた。

@関連記事は「ヒトラー最後の12日間」でも
書いてい居るので参考に。
← リンクしています。
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf