「四月の雪」注目はソン・イェジンの可憐さ

2005年09月10日(土) 21時07分
「四月の雪」★★★
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演

ソウルで公開二日目に見た。
ハングルは分からないので、画面の雰囲気などの
感想です。

病院で出会うふたり、
彼らの夫と妻が事故に遭ったのだ。

その事実を初めは
それぞれが受け止めるが
何度も顔を合わせるうちに
弱い部分も見せることで
惹かれあっていく。

いけない事だということ
愛する人が病院で眠っていること。
二人は同じ場所で動くことができない。

大げさな効果音もなく、
時に激しい感情を見せるが
ほとんどは淡々と時間が過ぎていく。

これはセリフで考えさせ
そしてセリフとセリフの間に余韻を持つ
映画なので、ハングルが分からないと
中に入り込むのは難しい。

夕暮れや、雪の降るシーンなど
美しくそれが却って
もう何の疑いもなく笑いあえない
二人を哀しく際立たせる。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★実際の判定は日本で公開してから
再度見ることにして、公開2日目の
寂しい客の入りは、何を示しているのか。
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf