「奥さまは魔女」キッドマンしか見所ナシ

2005年09月05日(月) 14時34分
「奥さまは魔女」★★★
ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル主演

ドタバタものの
コメディはそれ自体が
日本ではちょっと受けにくい

わざとらしくドアにぶつかったり
倒れたりして、笑いの効果音が
入っても、こっちは笑えない。

ダーリンがおどければ、おどけるほど
役の中の彼女がどうして
こんな人が好きなのか
ますます分からなくなる。

唯一の救いは
光り輝くようなニコール・キッドマンの姿が
殆ど出ずっぱりで、
以前はどこか悪っぽい完璧な美しさが
気になったが、今はもうクール・ビューティそのもの。

この美しさを生かすのは
やはり貴族ものとかそういうものなのだろう。

何でこんな映画に出たのかなと
見ている間中考えていた。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

映画館で見なくても、レンタルでたくさん。
シャーリー・マクレーンに至っては
醜悪といえる。
1.800円払う価値ナシ。

次回に期待。

2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf