「Dear フランキー」甘くないぞイギリス映画

2005年08月17日(水) 8時19分
「Dear フランキー」★★★☆
エミリー・モーティマー、ジェラルド・バトラー主演

イギリスの港町
少年の部屋には
世界地図が貼られ
そこには赤い旗がいくつも
軌跡を描いている。

父の乗る船の軌跡だ。

ドメスティック・バイオレンス
不況や貧しい食事
映画の画面も晴れやかな
海や空は見えず、絶えず曇ったような
暗いトーン。

救われるのは、凛とした強さを持った
母親の姿。
生き生きとした美しさがある。

主人公のフランキーは
難聴で、あまり喋らない。
父親へ宛てた手紙では饒舌でいとしい。

彼への手紙がまたどこかから届くといいな。

何もかもが解決するハッピーエンドではない。
きっとそれが現実だ。
でもいつかフランキーが自分の言葉で
何かを語ってくれたら
それでいいのだと思った。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

ここ数年のイギリス映画では
「リトルダンサー」が一番心に残っている。
なんだか一筋縄ではいかない映画が多い気がするが
そんな部分も楽しめるというか
感じることが出来るのは、映画を見る行為を通じて可能になるので
やはり幸せなことなのだ。
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf