万博リポート「日立」「長久手日本館」

2005年08月12日(金) 0時40分
「長久手日本館」4回目
夏休みバージョンが始まっている
日本館。
球体のスクリーンに包まれるように
アフリカの大地を賭け巡り、
いつの間にか卵の殻に包まれ
そして生まれ、
画像と一緒に疾走する感じが心地良い。

ラストは宇宙の中の青い地球を見上げて
その青さを目に焼き付ける。

とても素晴らしい映像。
万博が終っても、どこかで是非また見たい。

「日立グループ館」6回目
6回目ともなると、
最初のマシーンで絶滅動物を
採取する通路の部分は
ほとんどすっ飛ばして
メインのライドへ。

双眼鏡から見える映像を楽しみつつ
最近はそれを楽しんでいる
他の人たちの表情を見たり
伸ばした手に皆は今、バナナを見ているんだなとか、
ちょっと別の楽しみ方を楽しんでいる。

万博では相変わらず「トヨタ館」が
人気だが、リピーターの人気や、満足度ランキングは
「日立」が圧倒的に首位。
自分も異論は無い。

是非、みんなに楽しんでもらいたい。
そしてちょっと絶滅動物のことを考える
きっかけになれたらいいと思う。

夏休みの出足はいまひとつでしたが
今週に入って連日平日も10万人越え。

最近の入場者の推移
8/6(土)    101.052人
8/7(日)    114.609人
8/8(月)    128.664人
8/9(火)    127.443人
8/10(水)   133.889人
8/11(木)   143.523人

親も休みに入ったからか、先週末より平日の本日(8/11)の方が
断然多くなっている。
この週末はまた20万人台に乗るかもしれない。
とにかく人はうじゃうじゃ居ます。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf