韓国ドラマ「天国の階段」見終え脱力!

2005年07月09日(土) 17時01分
「天国の階段」韓国ドラマ@@オススメ
チェ・ジウ、グォン・サンウ主演

映画でなくTVドラマの感想

何度かに分けてとうとう22話完了。
ソンジュとチョンソのなじみのない名前まで
何でも無いときにふっと口について出るほど
ハマッた。

濃いドラマだった。
日本のドラマでは描かれない
真っ直ぐすぎる感情と
次の展開が分かる単純なストーリー。

だからこそ余計と「こうならないといいが」と思っている通りに
どんどん哀しい、哀しい結末に向かって
加速度を増してすすんでいくのを
ただ見ているしかない。
このもどかしさ。

教訓じみたものもなく、
主人公はひたすら美しく
悪者はただただあくどく、救いようが無い。

14から17話あたりは、恥ずかしいくらい泣ける。
自分はまだこんなに泣けるのかと
どこか冷静なもう一人の自分が呆れるくらいに。

韓国の人の日常も見ることができる。
トッポッキをつつく二人の姿や
東大門のにぎわい
そして舞台となるロッテワールド。

人はどこまで相手を愛することが出来るか。

真面目に自分に置き換えることなど出来ないほど
過激な愛の形が呈示される。
でもそれに違和感を感じるのでなく
胸に迫るのは、きっと人は皆、出来る事なら
ドラマと同じようにしたいと考えているからだ。

チェ・ジウとグォン・サンウの役者としての輝きも
このドラマにとって無くてはならないものだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

★★データ★★
韓国で2003年12月〜2004年2月まで放送され、最高視聴率44.1%、平均視聴率32.2%を記録した大ヒットドラマ  熱いですね、韓国

@他に見るのはないかなーと思いつつ、どれも20話くらいある
韓国ドラマのDVDの棚を見るのが恐くもある。

6時間「万博」体験@

2005年07月09日(土) 10時13分
午後12:30入場、6:30までの6時間万博体験。

12:40「ワンダーサーカス電力館」(事前予約)
朝日新聞調査の満足度ランキングは「日立」に次いで
2位のパビリオン。

万華鏡のトンネルを抜け全長300Mを
電車型ライド「フク丸エクスプレス」に乗り込んで
日本の四季や祭りのシーンを走り抜ける。

全体的に造りが安っぽく感じた。
その時点でも待ち時間120分。

13:00 IMTSに乗る。電力館の脇の駅が始発。
圧縮天然ガスで走る大型低公害バス。
無人の運転席にはモリゾーが座っていて笑う。
終点のドーム駅まで乗車。200円

日立館近くのモリゾーゴンドラ(500円)は空中散歩が
楽しめるが、IMTSも会場の足としては便利

13:20 ドームでリトアニアデーの整理券を受け取る。
  
グローバル・コモン4
「ロシア館」マンモスの全身骨格は迫力(待ち時間5分)

「ベルギー」入り口でビスケットをもらえるので入場、出口で2袋購入(待ち時間ナシ)

「ルーマニア」滑り落ちそうな木製デッキに座り、ブラスバンドの演奏を聴く。良い休憩になる、演目が時間ごとに変わるようで、展示の多いパビリオンに比べ充実度は高い。(待ち時間10分)

「ポルトガル」日本とは古く交流のある国、壁の展示は興味深い(待ち時間5分)

「オーストリア」人気のリュージュは整備中、入り口からの苔の香りの空間は、出てからガイドブックで読んで分かった。民族衣装のスタッフがワルツの生演奏で踊るのはいい雰囲気。

このエリアはこれで2回目、全てのパビリオンに入場した。

@長くなるので続きは「6時間「万博」体験A」で。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf