安い「下妻物語」が結構イケル

2005年07月02日(土) 8時43分
「下妻物語」★★★
深田恭子、土屋アンナ主演

ロココ時代に憧れ
フリルの付いたドレス命の
不思議キャラ

暴走族を気取る
強気の純情キャラ

出会うはずのない二人が
出会い、ありえない展開に
「どうかなー」と思いながら
見ていたら、
DVDをちょっと止めて休憩なんてこともなく
一気に見てしまった。

全てが大袈裟で
笑いの場面も「笑えない」ことに笑うような
全編ほぼしょーもない映画なのに
なんか憎めないのは
何だろう。

この路線を次も見たいかというと
それはキビしいが
それでもちゃんとひとつの映画として
成立しているので、悪くは無い。

勢いのある韓国映画も実は
この程度のコメディ映画や恋愛映画が量産されていて
その中で、頭ひとつ抜け出た映画が
韓国でヒットし、日本にもやってくる。

たくさんある映画の中で
こういう映画もアリだと思うが
こればっかりは困るので
別のアプローチの映画もまた同じ監督で
見て見たい気がした。

絶賛はしないが悪くない映画だった。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf