オススメの韓国映画@「ラブストーリー」

2004年12月26日(日) 23時33分
「ラブストーリー」
―真実の愛は、
人生にたった一度だけー
ソン・イェジンの可憐な姿がこの映画を
他と違う、ただひとつの恋愛映画にしている。

そしてもうひとりチョ・スンウの
無邪気な笑顔に、
映画を再度見るときは、のっけから泣かされる。

実はこの映画、ストーリーや人物描写を
細かく見ていくと、恥ずかしくなるセリフや
破綻した部分を放り出したストーリーなど、
映画の出来としては、いまひとつかもしれない。

ただ、そんな斜めから見たような視線を
主役の二人はもっと大切なものがあると
教えてくれる。
かけがえのないもの、
そして手に入れられないもの。

泣けたね。泣く映画がいいのかというと
また違うんだけど、とりあえず、とりあえず。
DVDやビデオでまた見たくなる映画。

韓国映画を振り返る

2004年12月26日(日) 18時33分
今年劇場で見た映画は160本、
公開される韓国映画はここ数年激増している。
(タイトル後の◎見るべき○まあまあ△難アリ×見る価値なし)
1月          
「ラブ・ストーリー」◎  
「気まぐれな唇」△
3月
「オアシス」○
4月           
「殺人の追憶」 ◎     

「悪い男」◎
5月
「恋愛中毒」△
6月
「H」○
「スキャンダル」△
「二重スパイ」○
「僕の彼女を紹介します」○ソウルにて
7月
「ブラザーフッド」○
「4人の食卓」△
「箪笥」△
「永遠の片想い」△
10月
「花吹く春が来れば」◎ソウルにて
「Sダイアリー」○東京国際映画祭
「オオカミの誘惑」○東京国際映画祭
11月
「春夏秋冬そして春」○
「オールド・ボーイ」◎
「誰にでも秘密がある」×
12月
「力道山」◎ソウルにて

上記の21本を見ている。
たぶん5年くらい前なら年間3本くらいだったはず。
色々な映画が見られること、そして何より
選択できるのは幸せなことだ。
人に勧めるほど面白く、是非見て欲しいと思える
映画はそれ程多くはないが
今年は韓国映画で6本も該当する映画に
出逢えたのは嬉しかった。

特に「オールド・ボーイ」と「殺人の追憶」は
映画の面白さを十分に堪能できた。
チェ・ミンシクとソン・ガンホは役者というに
ふさわしい様々な顔を見せてくれている。

来年はどんな韓国映画がみられるか楽しみだ。

「ダ・ヴィンチ・コード」って面白いの?

2004年12月26日(日) 2時04分
分厚い本、しかも上・下巻が平積みで目を引く。
文庫まで待てなくて買ってしまう。

ルーブル美術館で始まる物語の出だしは
スピード感があり、先が読めずに、この先
どうなるんだろうと、引き込まれた。
いい感じだ、早く先が読みたいが、
読み終えるのが怖くもある、あの感じ。
重要な暗号解読は半分もわからないが、
それはそれ程重要じゃない。

しかし下巻中盤で結末への
つじつまあわせのような説明調に、
だんだんと文字が頭に入らなくなる。

誰もが知っているモナリザや最後の晩餐といった
キーワードは良かった。
登場人物の心情の変化も、かなり密に
書き込まれていたほうだ。
だからこそ最後の最後の失速が「残念」(○)
(ダン・ブラウン著、各1.800円)


消化不良の感じで次に読んだのが
「背任」ボニー・マクドィーガル
    講談社/1100円
712ページのずしりとした文庫は
大手法律事務所で起きた信託財産流用事件、
調査に乗り出すのはやっと弁護士になった
女性アソシエイト。
リーガルサスペンスというより、
恋心が決定を揺るがし、様々な状況から
なかなか先が見えない泥沼に入っていく様は
かなり面白い。

口直しに読んだら、こっちの方が
ずっと面白く感じました。(◎)
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf