映画「万引き家族」何も変わってない

2018年07月06日(金) 16時58分
映画「万引き家族」★★★☆
時間:120分
公開日:2018年6月8日(金)
監督 是枝裕和
製作年/国;2018年/日本

リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優
池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ
緒形直人、森口瑤子、山田裕貴
片山萌美、柄本明、高良健吾
池脇千鶴、樹木希林出演




      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい



「『誰も知らない』『そして父になる』など
さまざま“家族の形“を描き続けてきた
是枝裕和監督の、長編14作目。
東京の下町を舞台に、 
犯罪で生計を立てる
不器用だが愛すべき家族の
心揺さぶる物語を描く。」

(ぴあHPより)

公開されてすぐに見たが
やっと感想でも。

カンヌ映画祭グランプリという
なんか華やかな勲章と
この映画の内容は
かなりかけ離れていて、違和感がある。



公開後3週連続首位とか聞くと
この映画に多くのひとが
劇場に駆け付けるのも
なんだか気持ち悪い気がする。

もっとひっそりと
でも好きな人が見るような
日陰の映画なのに
大きな勲章がついたので
それに引かれて見に行ったひとは
戸惑うんじゃないかな。


「家族」の形とはいえ、
この映画の家族は、周囲にもほぼ
こんな家族はいないので
だから安心するが、
作り物の様な家族の
それぞれの行動が
最近、ニュースで聞いたような行動をするから
やはりこれも寓話としての
「家族」なんだろう



しかし「誰も知らない」の頃から
この監督の映画は
全く変わっていないとも感じた。

リリー・フランキーのみすぼらしい
痩せた尻も見たくなかったな。


★オススメ度合い★
見ておくべき映画とまでは
思わないが、少し落ち着いたころ
カンヌグランプリの実力を
感じるのも良い。

★100点満点で75点

soramove                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

映画「海賊とよばれた男」実話の映画化だからか、盛り上がりはもうひとつ

2017年01月05日(木) 20時18分
映画「海賊とよばれた男」★★★★
岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、
野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、
小林隆、矢島健一、黒木華、浅野和之、
光石研、綾瀬はるか、堤真一、近藤正臣、國村隼、小林薫出演

山崎貴 監督、
145分、2016年12月10日公開
2016,日本,東宝
(原題/原作:I海賊とよばれた男)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『永遠の0』の原作者、百田尚樹のベストセラー小説を
、同作の山崎貴監督と主演の岡田准一のタッグが映像化。
戦後の復興期を背景に、
石油業の販売に尽力した男の不屈の闘志を描き出す。
激しい逆風の中で、必死にもがいて
前進しようとする人間の力強い生き方が胸を打つ。
空襲後の廃墟と化した東京の風景などの、
圧倒的なVFX映像も見どころだ。」

ぴあ HPより


「永遠の0」を期待して見ると
ちょっと肩すかしを食う、


やはり実在の人物をベースにすると
映画的な盛り上がりってのは
やはり無理だ、
だから盛り上がるかな・・・そうでもない
今度こそもりあがるかな・・・やっぱ違う
そんなこともあって
145分は長く感じた。

映画的な演出はあるべきで
でなければ、TVのドキュメンタリーで充分。

敗戦後、アメリカの大手マジャー石油会社から
独立した日本の自前の石油会社を作ろうと
大きな野望をもって
社員全員で立ち向かうが
頑張るだけでは解決しない
国際紛争等、かつての大変な事情も垣間見え
そういうことは面白かった。

社員がそんな熱い社長に
一様に感化されたようについていくが
現代ではそんな描写は
分かりにくいかもしれない。


とはいえ、時間も忘れて
仕事に没頭する!

そんな瞬間は誰もが経験しているが
それを続けるのは大変なとこだ。


何かを成した人達は
自分という個人より
大きな何かを求め
「地べたに落ちたものを拾うのは簡単だ」
手の届きそうもないものに
手を伸ばすからこそ
得られるものがある。

そしてそれは努力し続けないと
得られないものなのだ。


盛り上がりに欠けた印象が
映画の後味を悪くするが
出来としては良く出来た作品。

NHKの朝のテレビ小説の
短縮版という感じ。


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ジョゼと虎と魚たち」12年ぶりに見たら感想はちょっと違った

2016年06月16日(木) 1時09分
映画「ジョゼと虎と魚たち」★★★★wowow鑑賞
妻夫木聡、池脇千鶴
上野樹里、新井浩文出演

犬童一心 監督、
116分、2003年12月13日公開
アスミック・エース=博報堂=IMJエンタテインメント=エスエスエム=関西テレビ
(原題/原作:ジョゼと虎と魚たち)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「『金髪の草原』の犬童一心監督が
田辺聖子の同名短篇小説を映画化。
ある夜明け、ジョゼと名乗る
脚の不自由な少女と出会った大学生の恒夫は、
不思議な魅力を持った彼女に惹かれていく。
そんなファンタジックな設定の中に、
普遍的でリアルな恋愛感情を活写。
どの観客の心にも重なる
恋愛の記憶を呼び起こす
犬童ワールドを展開している。」

ぴあ HPより


この映画は公開時に劇場で見た、
wowowで放送されたので
録画していたのを見た、
12年も前の映画なので
冒頭から「こんな始まりだったけ?」と。

「あの人、あんなちゃんとした
人じゃないのに」

主人公が身障者を「ほっとけない」と言うと
主人公の彼女候補がポツリ言う、

「良い人」って気持ち悪い、
もちろん、そうなりたくても
なかなか成れないので
それでそう言い切るのだけど、
図らずも、外から見て
「良い人」になるってことはあるのだ



触れ合った人に
引き出されることもある。



また身障者の少女ジョゼが
「胸を触らせたら、
隣のヘンタイがゴミ出しをしてくれる」と言うと
主人公は「そんなこと!」と憤慨するが、
きっと自分も当時、主人公と
同じ様に感じたはずだ、
そんなことと引き換えにするなよと。


「福祉の人に頼んだらいいじゃないか」
「福祉の人が来るのは昼間だ、
ゴミは朝のうちに出さないといけないし
指定場所は遠い」

だからって、と思うが、
でも母を介護し始めて
日常の普通に出来る色んな事が
実は絶妙なバランスの上で
成り立っていて
うまくかなくなると
そのちょっとした事が
自分にとっての重要な優先順位へ
ピュッっと繰り上がるのだ。

そんなこともあの頃には
知らなかったし、
ホント意味で分からなかった。


人を助けるなんて
難しすぎるし
それを負担と思ったら
続けていくのはホント大変だ。

「ジョゼー、車椅子買おうよ」
「オレだって年とったら、大変だよ」

不用意な言葉が
ズシンとくる。


「結果的にオレは逃げたんだ」
後味の悪い映画と感じた、
たぶん、かつては。
でも、と思う、これこそ現実で
別にほろ苦くも無い


最近よく思う
「成るようになる」
ラスト、電動の車椅子で
買い物帰りのジョゼが
颯爽と歩道を走っていく、
これもハッピーエンドの
一つの形。


久々に見た映画
つまらなければ
ちょっと見て消そうと思ったが
ラストまで見た、
「くるり」が主題歌ってのも忘れてた。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

<リンク:商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。>

soramove

映画「さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜」ストーリーを追うより、癒しの時間を楽しみたい

2015年10月04日(日) 20時26分
映画「さいはてにて〜やさしい香りと待ちながら〜」★★★☆DVD鑑賞
永作博美、佐々木希 出演


チアン・ショウチョン 監督、
118分、2015年2月28日公開
2014,日本,東映
(原題/原作:さいはてにて)

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



「ホウ・シャオシェンに師事した
台湾の女性監督チアン・ショウチョンが、
『八日目の蝉』の演技に惚れ込んだ
永作博美を主演に迎え、
世界遺産である能登半島の
珠洲市で撮り上げたヒューマンドラマ。
ひとりで気丈に生きてきた女性が故郷に帰り、
シングルマザーのキャバクラ嬢と
子供たちと触れ合いながら成長する姿を描く。
佐々木希が初の母親役に挑戦。」

ぴあ映画生活 HPより


海が見える場所で暮らしたい、
ぼんやりと、そんなことを考える、

海辺の街に旅行することはあっても、
生活の場にするには
色々やっかいな問題を
解決しないといけない、
だからこの映画に描かれる風景に
ただ単純に憧れる。


岸辺の小さな灯台のような店、
そこにお客が吸い寄せられるように
やって来るのかと思ったら
豆の焙煎をウリにして
遠くから注文が入って来るようだ、
そんなことってあり得るのかなと
ふと思うが
そんな現実的な事を考えないで
お伽噺として観れば良い。



主人公の両親は彼女が小さい頃
離婚して、彼女は母親に着いていった、
彼女は今も、自分から父を捨てたと
自分の幼い決断を悔いている。


そんな心模様も描かれるが
やはりこの映画の良いところは
海に浮かぶように存在する
小さな店の存在

生活には大変そうだけど
2年くらいなら
住んでも良いかな。


映画は静かに終わる
良い余韻と感じたが
「何が言いたかったの?」と
言われたら明確な答えは無いが
この映画をDVDでゆっくりと見れば
癒やしの時間がおくれそうだ。


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「海街diary」改めて家族というものを考える

2015年07月12日(日) 21時46分
映画「海街diary」★★★★
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、
広瀬すず、加瀬亮出演


是枝裕和 監督、
126分、2015年6月13日公開
2015,日本,ギャガ
(原題/原作:海街diary )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「多くの賞を受賞した吉田秋生の
同名ベストセラー・コミックを映画化。
『そして父になる』で世界に広く認められた鬼才、
是枝裕和が原作に惚れ込み
再び異形の家族の物語を紡ぎ出す。
複雑な家庭環境から成立している
四姉妹の葛藤や苦悩などの、
ドラマの味わい深さを堪能したい。」
ぴあ映画生活 HPより



3週間くらい前に見たが
やっと感想の様なものを書く。


鎌倉で暮らす、三姉妹のもとに、
年前に姿を消した父親が
亡くなったという知らせが届く。

葬儀で山形へと向かった三人は、
父とほかの女性の間に生まれた
異母妹すず(広瀬すず)と対面する。

長女の幸(綾瀬はるか)は
そんな彼女の一緒に鎌倉で暮らそうと言う。

三姉妹の生活に転がり込んだ
母親の違う妹、
最初はぎこちないが
一緒に暮らす毎日の
ささやかな出来事が
お互いの結びつきを強めていく。

どうってことない日常を描いていて
特に大きな事件も起こらないが
それこそ、自分達の隣で
繰り広げられる、自分達の物語だ



庭の梅を姉妹で取って
梅酒を漬ける、
家にはおばあちゃんが漬けた
年代物の梅酒もある、
懐かしい風景を垣間見る
特別なようで特別じゃない
でも、振り返ればかけがえの無い日々。



ウチでも庭の梅の木の梅を
昨年は梅ジュースにした、
夏は爽やかな味を楽しんだ、
今年は梅干しに挑戦中、
シソを入れてガラス容器は
濃い紫色を見せている。
まさかこれを梅雨が明けたら
天日に干すなんて知らなかった、
確かに梅干しだもんなと思いつつ。
大変な事を始めてしまった。


家屋はそこに一緒にいることが
普通なのに
遠く離れると、一緒に居た日々が
かけがえのないものだったと気付く
脆そうに見えても
どこか強いものがあって
しっかりと繋がっている。


映画を見て
自分の周囲を見つめた。



ドラもでも出来るだろう
でも映画館の空間で
親密な時間を過ごすのは
とても気持ちいいものだ。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「あん」河瀬直美監督作品で初めて、しっくり感じた

2015年06月14日(日) 10時17分
映画「あん」★★★★☆
ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、
アムル・アミーン、トーマス・ブロディ=サングスター、
キー・ホン・リー、ウィル・ポールター出演


河瀬直美 監督、
113分、2015年5月30日公開
2015,エレファントハウス
(原題/原作:あん)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「世界の注目を集める監督、
河瀬直美が『2つ目の窓』に
続いて手がけたヒューマン・ドラマ。
ドリアン助川の原作に基づき、
どら焼き屋を舞台に据えて、
雇われ店長とそこで働くことになった
老女の心の通い合いを繊細に描きだす。
辛い過去を背負い、
人間の尊厳を奪われても生きようとする老女。
そんなヒロインを、
樹木希林が味わい深く演じている。」

ぴあ映画生活 HPより


この監督の作品と言うだけで
どうも敬遠していたが
この作品は出演者がTV露出して
予告も面白そうだったので劇場へ。


混んでたね。
こんな、ひっそりした題材の映画が
こんなにヒットするのは
ちょっと違和感があるが、
しみじみ良い映画だった。



雇われ店長として、どら焼き屋「どら春」で
単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)
彼の前に求人募集の張り紙を見て
一人の老女、徳江(樹木希林)がやってくる。


年齢も年齢だから、断るが
彼女が持ってきた、“あん”が
とても美味しかったことから
“あん”作りを任せることになる。


美味しいどら焼きを作りたいだとか、
儲けて店を大きくしたいだとか
そういう気持ちが無い主人公は
あんこの材料を慈しみ
作っている家庭を決しておろそかにしない
徳江の“あん”の作り方
そしてその向こうに透けて見える
彼女の生き方に触れて
彼の働き方に変化が起こる



自分もハンセン病という病は
詳しくは知らなかった、
先日TVで爆笑問題が、この映画でも
描かれた患者たちの住む場所を訪れ
この映画で描ききれなかった部分が
符合して少しは分かった気がするが
やはり人間は「見た目」なんだと
それだけは実感した。


映画自体はそれを強く訴えるでもなく
それでも「その前」と「後」では
関わった人間には確かに変化があり
それだけが救いだった。



自分の作ったものを
人が喜んで食べてくれる、
外で働きたい


願いはたいそうなものじゃないのに
それさえ叶わなかった
彼女の人生

不理解が生んだ悲劇というけれど
それだけじゃ割り切れない
人間の素朴な感情
それを思うとうなだれるが
そういうものも確かに持ってるのが人間だ。

桜並木の側の小さなどら焼き屋、
なんかホントに何処かにありそうだ、
そこでは徳江さんが
小豆にむかって「頑張りなさいよ」って。


★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」あり得ないのに感じるリアル

2015年05月01日(金) 14時00分
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」★★★★面白かった
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、
清水尋也、富田望生、前田航基、
佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、
黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文出演


成島出 監督、
121分、2015年3月7日公開
2015,日本,松竹
(原題/原作:ソロモンの偽証/宮部みゆき原作)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「ベストセラー作家・宮部みゆき原作の
ミステリー巨編を『八日目の蝉』の
成島出監督が映画化。
生徒たち自らが“校内裁判“を開廷し、
ひとりの中学生の死に隠された
真実を紡ぎ出していく様を描く。
“事件““決意““法廷“の3部構成からなる
原作を2部作で製作し、
主人公をはじめ1クラス分の生徒全員を、
大規模オーディションを敢行し決定する。」

ぴあ映画生活 HPより


クリスマスの朝、
雪に埋もれた校庭で見つかった
男子生徒の遺体
警察は自殺と断定するが、
“殺人”の目撃者を名乗る告発状が
学校に届いたことから
マスコミも巻き込んで事件となる。


「自殺」か「他殺」か、
目撃者は本当に事件を見ていたのか?


ミステリーという本筋も
興味が湧くが
前篇を見終えて
深く印象に残ったのは
主演の藤野涼子役でデビューした
藤野涼子の無垢なまなざしだ。



なんとかなる
そのうち分かる、
大人になれば分かる
そういう事もあるんだ


曖昧な表現でその場を取り繕う
大人たちの言い訳を
彼女の視線が鋭く射抜く。


校内裁判を開こうなんて
それだけで、あまりに突飛で
胡散臭く感じそうなところを
それほど違和感なく
ストーリーに入っていけたのは
生徒や学校全体に
作り物っぽいところを
感じなかったからだろう。



前篇・後篇なんて言われると
途中で途切れてしまう感じで
あまり好きじゃないが
この映画では後篇への期待感で
見終えたので
興味がそがれるというよりは
どんなふうに終わるのか
とても楽しみになった。


この映画は一ヵ月以上前に見た
感想は「後篇」を見る直前に
やっと書いた。

★100点満点で85点★

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「風に立つライオン 」映像の伝えきれないもどかしさ

2015年04月06日(月) 16時41分
映画「風に立つライオン 」★★★☆
大沢たかお、石原さとみ、
真木よう子、萩原聖人、
鈴木亮平、藤谷文子、
中村久美、山崎一、石橋蓮司出演


三池崇史 監督、
139分、2015年3月14日公開
2015,日本,東宝
(原題/原作:帰来)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「さだまさしがアフリカ・ケニアで
巡回医療に携わった
実在の日本人医師をモデルに
作った1987年の同名楽曲を基に
執筆した小説を、
大沢たかお主演、三池崇史監督で映画化。
アフリカのケニアで医療に従事している主人公が、
心に傷を負った元少年兵と
心をかよわせる様を、
アフリカの雄大な風景を交えて描く。」

ぴあ映画生活 HPより


旅行先のホテルのプールで
原作を読んだ、
こういう作品を旅先で読むものじゃない
泣くからね、
熱帯の焼ける様な日差しの中で
ふさわしい選択じゃなかった。

日本に戻って公開中の
映画を見た。

もと歌への思い入れが強すぎて
やはりどう描いていても
違和感は仕方ないかもしれないが

主人公が亡くなったという
前提の映画の進行は
主人公と同時に、
何かを体験するというような
単純な共感ができない分
どうにももどかしく感じた。

単純な描き方じゃなく
現代とをつないで
ちょっと懲りすぎてしまったようだ。


単純に主人公の苦楽を
見せてくれれば
こちらは大満足だったはず。

自分の決めた道を
ひたすら突き進む

それは強く、まぶしい。

なかなかできることじゃないし、
自分と比べるには
違いすぎて
どこに感情をもっていっていいのか。


「誰かの為に」なんて
立派すぎる、

でも自分たちのやっていることも
誰かに少しは良い影響を
与えていると信じたいね。

きっと自分のためだけなら
こんなに頑張れるわけない。


いつかそう遠くないいつか、
自分もアフリカの大きな夕日を
見たいと思っている。

映画みたいに
ライオンでは立派すぎるから
駆け抜ける風くらいでいいから
大地を駆け抜けてみたいものだ。

思い入れが強い分
映画の出来は、そこそこ、
大満足というわけにはいかないが
名古屋からアフリカまで
ひと時、連れて行ってくれた。


それだけで見た価値はあると思った。

★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「蜩ノ記」本当の事は胸に秘めたまま

2014年11月21日(金) 16時29分
映画「蜩ノ記」★★★☆
役所広司、岡田准一、
堀北真希、原田美枝子出演

小泉堯史 監督、
121分 2014年10月4日公開
2014,日本,東宝
(原題/原作:葉室麟/ 蜩ノ記 )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「直木賞を受賞し、時代小説としては
破格の50万部を突破する
ベストセラーとなった葉室麟の
原作に基づく時代劇。1
0年後の切腹を命じられ、
幽閉中の武士の秘密を解き明かしながら、
人と人の強い結びつきを温かく浮かび上がらせる。」

ぴあ映画生活 HPより


原作はかなり面白く読んだ記憶がある、
主人公を役所広司と岡田准一が
演じると予告で知って
かなり期待していた作品。


あと3年で切腹を命じられた男、
戸田秋谷(役所広司)は田舎に幽閉され
前藩主から、藩の歴史である
「家譜」の完成を命じられていた。

そこに城内で刃傷沙汰を
起こしてしまった檀野庄三郎(岡田准一)が、
「3年後の切腹まで監視せよ」と
送り込まれてくる。

城下と違い
畑や田んぼ、清流に囲まれ
日々の業務を淡々と行う秋谷と
こんな、ひとかどの人物が
藩主の側室と不義密通の罪を犯したのかと
檀野は自ら本当は何があったのか
調べ始める。

派手な立ち回りは無い、
人々の生活をたんねんに描いて
季節の移ろいを
色づく風景で見せてくれる。



調べるうちに核心に迫っていく、
藩が取りつぶしになるほどの事件を
ひとりで背負って、その命を
投げ出そうとしていることが
明らかになっていくが
前藩主との約束を守り
真実を胸に秘めたまま
あるがままに生きる姿は
何か大切なものを教えてくれる。



現在に置き換えるとか
ここで描かれたことが
自分をダイレクトに変えるとか
そんなことは無いけれど
自分というものを捨ててまで
守るものが確かにあり
それを声高にひけらすのでもなく
そんな苦しい生き方が
胸に響く事は確かだ



誰かの為に
自分は何ができるのか。


ことさら何かを押し付けるような映画じゃないが
描かれる景色や人々の様子
何もかもが
今はもう、すぐそばには無く
スクリーンの中でしか
会えないのかもなと思うと
それは少し淋しいことだ


しみじみ良い映画だった。

★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ふしぎな岬の物語」 そろそろ吉永小百合の代表作を見たい。

2014年10月26日(日) 16時34分
映画「ふしぎな岬の物語」★★★
吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、
笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦新、
中原丈雄、石橋蓮司、米倉斉加年出演

成島出 監督、
117分 2014年10月11日公開
2014,日本,東映
(原題/原作:岬の喫茶店/森沢明夫)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「千葉県に実在する喫茶店をモチーフにした
森沢明夫の小説『虹の岬の喫茶店』を映画化。
里の岬に立つ小さなカフェを舞台に、
そこに集う人々の温かくも切ない
人間模様が描かれる。
主演のみならず初の企画に挑戦した
吉永小百合がカフェ店主に扮し、
阿部寛、竹内結子、笹野高史ら
実力派俳優が脇を固める。」

ぴあ映画生活 HPより


良い人である、
そんな人ばかりが出てくる、
だからこれは、お伽噺として
見るといいかもしれない。

現実はもっと厳しいことも多いからね。


その場所で30年、
地元の人たちが、
朝のひと仕事を終えて、
ちょっと息抜きに
その店の美味しい珈琲を飲みにやってくる。


日常の何気ない事を話しているが
それが毎日の繋がりだから
都会の喫茶店とは
その様子は全然違う。



誰もがそんな行きつけの店を
持ちたいと思いながらも

どこも「いちげんさん」でしかなく
そんな場所は、自分の想像の中でだけ、
それが現実。

だから彼らの行動を見ていても
身近でありながら
もうひとつリアルには迫っていない。


自分もかつて、行きつけの喫茶店があった、
お店には自分の指定席があり
そこで、なんだかなんだと
店を出たら何を話したかも
忘れてしまうくらい
些細な事を話していた。

店が無くなってもう随分なるな、
ママは数年前に亡くなってしまった、
マスターは、何してるのかな
もうすぐ年賀状のシーズン
そんな時にふと、思い出すだけ。

色んな事が起こったが
この映画でも
それは一瞬に消えてしまう、

自分達はその瞬間を忘れてしまうのかな、
それとも、また同じ様なことを
繰り返す事を経験で知ってるので
それ程心に留めないように
出来てるのかもしれない。

登場人物は誰も優しく
良い人で
心に突き刺さるようなシーンは
無かったけれど
過酷な現実を見て
うなだれて帰るより
この静かな癒しの余韻は
良いのかもしれない。


レンタルでも
それ程印象は変わらないかも。


★100点満点で65点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf