只今、ブータン王国旅行中!

2013年03月30日(土) 19時09分
只今、ブータン王国旅行中!

                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい





3年ぶりに春の海外旅行に出ています。
今回はアジアのシャングリラと言われる
ブータン王国への旅です。


2011年に若い国王夫妻が来日されて
ブータンという国の名が広まったが
まだどこにあるか知っている人は少ないだろう。


インドの北に接し、中国に挟まれた国、
ネパールの横と言ったほうが
イメージしやすいかもしれない。




首都ティンプーは標高2100メートルと高地にあり
ガイドブックによると
日本の長野県あたりの気候をイメージすると
分かりやすいと書いてあるが

そうするとこの3月下旬でも結構寒いのだろうか、
いまこうして書いているのは
旅行に行く前、
ツアー会社から日程表が送られてきて
旅の荷物を用意して、パスポートを確認し
旅への期待が高まった旅行二日前、
スーツケースに長袖シャツを
もう一枚入れるかどうかで悩んでいるところ。


ブータンの「地球の歩き方」は2008年版も持っている
今回は最新版を買った、
以前も行きたいと思ったが
いかんせん旅行代金がアジアとは思えない高額で
躊躇していたが
3年ぶりの旅行ということもあり
初めてのブータン王国へ行くことにした。


この日記は旅行前の3月28日に書いているので
まだ自分の目で見て体験したブータンの
印象を書くことは出来ない、
ブータンのネット事情がどんなかも分からないが
出来たらブータンから更新したい。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

屋久島到着A 名古屋から屋久島へ 2012年10月 8日(月) 

2012年11月27日(火) 7時02分
屋久島到着A 名古屋から屋久島へ 2012年10月 8日(月) 

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


だいぶ時間は経ちましたが
屋久島の色々を時々書いていきます。



屋久島は昨年行く予定だったが、
父親が入院したため1週間前にキャンセルしていた
だから2年越しの屋久島行き、
6月には、屋久島グリーンホテルの宿泊予約をした。
その後は飛行機の予約とレンタカーの手配と
出発の2か月前には完了していた。

当日は朝8時のフライトの為早起きして
セントレアへ、
海外へ行くより不思議な高揚感があった。
セントレアに着いて30分後には飛行機に乗っていた。


10月 8日(月) 
ANA 351  名古屋(中部)(08:05) - 鹿児島(09:25)
JAC3745便  鹿児島 10:55発 → 屋久島 11:30着






ANAとJALの乗り継ぎだけど
待ち時間もそれ程なくてスムーズ。
最近は大阪からは
直行便があると聞いて羨ましくなった。




海のすぐそばの滑走路に無事降り立って、
荷物をピックアップ。
12時少し前にはレンタカーで出発、
20分くらいで宮之浦の街中に到着、
「潮騒」という食事処は昼飯時なので満席
しばらく待ってカウンターで
大海老フライとトビウオの唐揚げ定食を注文。

1.300円から1.500円程度。
満足度は高いけど店のスタッフの対応はそっけなくて
まあ、忙しいから仕方ないけどね。




これから屋久島をグルリと一周する予定。
天気は晴れたり曇ったり、
「この1週間雨らしい雨は降ってないよ」と
レンタカー屋のスタッフは言っていたが
どうやら雨を連れてきてしまったのか。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

縄文杉に逢ってきました 2012/10/9

2012年10月15日(月) 21時09分
縄文杉に逢ってきました 2012/10/9





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


足元ばかり見ていた視界に
木製の階段が現れ
それを登っていくと
靄にかすんだ向こうに強大な存在が現れる、
階段を一番上まで登らずに
途中の踊り場から足を止めて見上げると
のけぞるような格好になってやっと
縄文杉の天辺までが視界に入る。



物凄い感動と
そしてたどりついた安堵に
「凄い!」
単純な言葉しか思い浮かばない。


一番上の観覧デッキに登って
正面に見える縄文杉が
あたり一帯を完全に支配しているのを感じた、
すっくと伸びたとはいえない容貌は
様々な場所で隆起し入り組んでいるよう、
見上げれば僅かに広げた枝から
濃い緑の葉が見えるが
それも霞んで幻想的だ。


カメラで捕えようとするが
上を向けると雨の水滴がレンズについて
うまく姿を写真に収めることが出来ない。
ただその間も圧倒的な力が
その場にあり
自分自身もその一部になったような
高揚感と静かな達成感に包まれていた。



朝、3時半に起きだして支度をし
ホテルを4時過ぎに出発
予約していた弁当を通り道で受け取り
屋久杉自然館を目指す、
ここでバスに乗り換えるためだ。
まだ始発まで時間があるので
ここで朝食用の弁当を車内で食べた。


バスは始発の4時40分、
バスの前には順番を待つ人たちがいて
出発の10分前くらいに乗り込んだ。


荒川登山口まで40分くらい、
くねくねとした真っ暗な道を進む。
到着して車外へ出ると
小雨が降っている、
さあ、縄文杉への道の始まりだ。



最初は以前木の切り出しに使っていた
トロッコ道を歩く、
途中には手すりの無い吊り橋があり
足がすくむが
言葉は無い、
かつての学校跡も確認するように
懐中電灯で照らすが
足を止めることは無い。


単調な道を2時間弱、
すでに明るくなり電燈は不要だ、
いよいよ登山開始
ガイドブックでは2時間半程度とあるので
だいぶ早く着いたことになる、
トイレを済ませ
平坦な今までの道とは違う道を登り始めた。


人の手が加わった階段や
石で造られた通路もあるが
多くは人が歩いた様な道筋を
ひたすら
「こっちでいいんだよな」と言いつつ
あとは木に目印で付けられた
ピンクのリボンを頼りに
ひたすら登っていく、

このあたりではもう会話も無い
途中の小川でペットボトルに水を補給した。


雨は降ったり止んだり
すごく蒸し暑い
水を吸ったズボンが重い
何カ所も近くの木や岩を掴まないと
登れない場所もあり
縄文杉に逢える期待より
「何でこんなことしてるんだろう?」
ネガティブなことばかり浮かんでくる。


時々木立の上の方に
青空が見えるが
雨は断続的に降って
それも気持ちを萎えさせるが
ウィルソン株や夫婦杉など
途中のポイントを確認できるので
「あと少し、あと少し」と思いながら
足を運んだ。



トロッコ道で先頭に立ってからは
誰も前を歩いていないので
自分達が同じバスで来た中では最初に到着
9時20分くらい、
約4時間の登山、
そして靄にかすんだ縄文杉と対面した。



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


夏のピークには一日に1.000人もの人が
縄文杉に逢いに行く
自分の乗った朝の第一便のバスも
60席余りが満席で出発した。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

FDAで熊本へ

2012年04月05日(木) 19時09分
FDAで熊本へ






★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←

3月28日話題のFDAに乗って熊本へ行って来た。

友人が福岡で新規事業を立ち上げたので
今後必要となる会計業務について話し合いに行くことになり
名古屋から福岡へそのまま行くよりはと
前日に名古屋の小牧空港から
話題の格安航空会社FDA フジドリームエアラインズで
検索すると熊本が1万円!というのを見つけて
即予約した。


予約時点で座席も選ぶことが出来
面倒な会員登録も不要で
簡単に予約完了。

名古屋のミッドランドの前からバスが出ていて
20分くらいで空港に到着。
定刻出発、機内のサービスもドリンクの提供があり
これは海外の格安航空だと
全部お金が必要なので、日本的なサービス、
片側2席づつの配列でとくに狭さも感じない



熊本まであと少しというところで
5分くらい凄く揺れて
すぐ後ろの子供はけたたましく泣くし
少しドキドキしたが平野の間にボコッっと
飛び出たような山が見えてきたら
無事に到着。


国内線っていつ以来だろう?
丁寧なサービスで
ANAやJALと比べて
どのあたりを削っているのだろうか、
チェックインから飛び立つまでの
時間の短さも考えると
長い距離を新幹線に乗るなら
絶対こっちの方がいいと感じた。



特にFDAは静岡空港を拠点とした航空会社、
静岡県民としてはこれからも応援したい、
青森まで最安で13.000円からあるので
今度は東北へ行くのもいいな。


その後市内へのバスに乗った。


市内へのバスはリムジンとはいえ
高速で行くわけではないので
熊本中心までは40分くらいかかった。


その後熊本城を2時間くらいかけて見て回った。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←

南の島の快適ホテルライフ

2010年09月21日(火) 23時10分
南の島の快適ホテルライフ



春は移動の多いヴェトナムの旅だったため、
今回は一箇所スティ、
同じホテルに6泊、
移動が多いと荷物のパッキングや
移動の手配に気を配るわずらわしさがあるが
今回はただプールでサスペンス小説を読み、
美しい海を見たり
時にはスコールのけたたましい水しぶきを
ボーッと見たり、
あとは美味しいタイ料理を食べまくってます。

プーケットは二度目、
最初は大きな津波のあった後だったので
*過去記事に飛びます
*過去記事に飛びます
ビーチロード沿いのホテルはほとんどが
建設途中でしたが
今回はそんな傷跡もまったく感じない。

復興させるにはとにかく観光客に戻ってきてもらいたいと
前回の滞在でホテルのフロントが言ってましたが
日本にはこんな観光地ないよな、
何がここにあって、日本に無いんだろうと
考えてしまいます。
海なんて沖縄だってすごく美しいのにね。

今回の旅の目的がひたすら
だらだらするというもので
実践中、
ただし物価の安くなった日本の感覚でいると
もうここタイでもお得感はあまり感じられない、
以前は何でも「安い」「安い」って
口にだしてたけど
日本とあまり変わらない
そんな感覚です。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

富士山に登ってきました!2010/9/5-6

2010年09月08日(水) 0時09分
富士山に登ってきました!2010/9/5-6




                    →  ★ブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



富士山登山をしてきました。
静岡出身ながら富士山登山は初めてで
自分が登山することも考えていなかったので
登り終えた今は全身筋肉痛を感じながらも
今度新幹線から富士山を見る時
きっと違う気持ちが湧いてくるだろうなと
今からそんなことを予想しています。

あの3.776メートルからの風景は
やはりその場に居ないと実感できないもの、

空が薄いオレンジ色の染まり
そのうち太陽が雲の間から上ると
今まで感じたことのない感情が湧きあがってくる、
こんな気持ち、久しぶりの感情だ。

2010/9/5名古屋から東名高速で御殿場インターまで、
そこから国道138号→東富士五湖有料道路→富士スバルラインを経て
富士山5合目へ。

名古屋を朝7時15分頃出発東名高速で
御殿場インターまでは順調に2時間半、
国道138号に入ったとたん渋滞につかまり
ノロノロ運転、
しかも富士スバルライン入口では
駐車場待ち時間2〜3時間と表示あり、
目の前で数台がUターンしていく、
結構5合目までの観光客も多いことが分かる。

なかなか進まない車列を前に
離れた場所に止めて歩くか、それとも
もう少し粘るか、
リミットを12時30分までと決めていると
その頃にはスムーズに進んで一番上の駐車場に
止めることが出来た。

ここで予定より1時間遅れ、
ガイドブックに載っていた
「富士山噴火カレー」を食べ、
帰りには疲れているだろうからと
お土産を買い車に置いてから
リュックを背負い歩き出す。

登って居る時は「キツイ」とか言いながら
「何んでこんなキツイことやってるんだろう」などと
思いながら登っていたが、

8合目の山小屋「白雲荘」には
5時半ごろ到着、約4時間の登山。

案外早く到着したので
寝るまで何しようかと考えたが
すぐに食事が出てきて
ゆっくりできる状況でもないので
8時前には2段ベッドに横になった。

なかなか寝付けず、
寝返りを打ちながら、寝たのか寝てないのか
そんな中、深夜2時半に朝食をとり
3時前に頂上へ向けて歩き出した。


このあたりになると垂直に登っていくので
高さは稼げる、
頭につけた電燈の列が下からも見える、
こんな大勢が登っているんだと気付く、
9月はシーズンの終わりなのでこの程度らしい、
ピークはずっと渋滞になると聞いた。

振り返れば空がオレンジ色を強くしていて
日の出に間に合わないかなと思いながら
5時に頂上に到着、
2時間の登山ののち、日の出を待った。

すごく寒い、
最初の光が雲の上を走るようにまっすぐに届く、
歓声が上がる、まさに「ご来光」だ。

一軒だけとなった店でコーヒーを飲んでから
お鉢めぐりを開始、
途中最高地点の剣が峰で写真を撮って
約1時間半で一周し、下山。

下山がきつかった!

今はまだ「凄く良かった」と単純には言えない、
この体中の痛みを忘れた頃には
撮った写真を眺めて、
良い部分だけの記憶になり
そうしたらその頃には
「日本人だったら一度は登った方がいいよ」とか
言ってるのかもしれない。

でもなかなか出来ない体験、
誘ってくれた友人に感謝したい。



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

いつかロープウェイとかでもっと簡単に登れるようになるのだろうか?

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか


熱帯でモノ作りについて考える

2009年03月26日(木) 23時05分
日がな一日、プールサイドで
ミステリー本を読んでますが、
そんな中でも本とは離れてあれこれ
考えるわけです。

ホテルでメシを食えばバカ高ですが、
一歩外へ出て、
普通の食堂みたいなところでは、
定食っぽいものが200円から300円程度で
食べられるわけです。

そこでは焼き鳥風の小さく切った肉を
くしに刺し、炭火であぶる人や、
ぐつぐつ煮えているスープの入った鍋を
かき回しながら、客のオーダーで
器の具や麺の種類を変えて
どんどん注文をこなす手際のいい人、

飲み物の注文でココナッツを手刀のようなもので
バサッと切ってストローを差し込んで
テーブルに出したりと、
実にいろんなことが一瞬であちこちで行われている。

そしてそのどれもが
日本で100円ショップで感じる
「これで100円?」と当たり前のリアクションのように
これだけ手間をかけてこの安さ、
ただただ驚くわけです。

自分たちの身の回りでは
ものを作るこ行為ってのはあまり見かけない、
モノを自分たちが作っていては
人件費が高くついて、安く提供できないからだ。

安いってのは本当にいいのかね、
自分たちでは作れないものを
こんなに安く手に入れていいのかね。
ここ何年かほんとによく考えることだ。


だったらフェアトレードとか
なんかこじゃれた名前で
格差について考えてるみたいなポーズも
どうも胡散くさい、
ロハスとか、何だってんだ。


小さな屋台の横で皿を洗う子供、
自分たちの前の世代の日本人は
子供に働かせてはいけない、
充分な教育を受けさせたいと、
今のような基盤を作ってくれた。

でも最近はその使い方がいびつな気がしてならない。
どうなんだろうね。

ただこんなことを、
リゾートホテルで、まさに
経済格差の恩恵を受けながら書いてるのは
それ自体おかしなことかもしれないけれど。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


欧米の人たちの休暇ってどうなってるんだろう、
ここに2週間くらい滞在するってザラなんだよね。

★映画ランキングはこちら

マニラのチャイナタウンを歩く

2009年03月24日(火) 0時09分
ホテルはマニラ湾に近いマラテ地区なので
チャイナタウンへはLRTという高架鉄道で3駅、
降りると、これぞ庶民の街という
ゴチャゴチャっとした雰囲気、
薄暗い路地のあたりもビッシリ小さな露天が並んでる。


こういうところを歩くのも面白いが、
変わったものを見つけても
「欲しい」まではなかなか、
でも最近は金額を聞くと日本の100円ショップのほうが
よっぽど安いこともあって、
この経済のバランスは
若しかしたら日本の方がおかしいのかもしれない、
などとふと感じる。


教会が目に付く、
しかも結構立派な建物で
キリストの使徒なのだろうか、
建物からせり出すように街を見下ろしている。

この付近にニュースでよく耳にした
マラカニアン宮殿があるということで
目指したが、結局たどり着けなかった。

実は方向音痴でとんでもない方向へ
行くことが多く、今回も同じようなことを
していたが、
なにせ暑く、だからといってすぐに
冷房のあるカフェがあるわけでもなく
結局あきらめ、中央郵便局などを見て回った。

道の向こうに古い城壁のようなものが見えて、
それがイントラムロスだとは
なんとなく情報からわかったが、
中に入ってみて思ったより広くて
これまた暑さに後悔することになった。

スペインが16世紀にこの地を統治した時の
根拠地としての城塞都市、
今はその中に普通に小さな町があり、
外側にはのどかにゴルフ場まで、
当時の人が見たら驚くだろう。

1時間近く歩いて、ホテルの近くの
ロビンソンデパートでほっと一息、
お土産にしたいものはまだ見つからない。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


とにかく交通量がハンパじゃなく、道路の向こう側に行くのを
あきらめたりしている。

★映画ランキングはこちら

ただいま春の旅行中!フィリピンは35度

2009年03月22日(日) 21時20分
マニラへ入る深夜便を予約するメールを送ったら
「危険なので日中に到着する便を勧めます」と回答が来た。

「そんな、こっちはインドだって行ってるんだよ」と
思いつつも、初めての国、代理店の勧め通り夕方の便で
マニラに入った。

空港を出るとムッツとした空気に包まれる
「これ、これ」
顔がにやける。

タクシーのカードを見せる集団を掻き分けて
メータータクシーの列に並ぶ、
最近はどこでも明朗会計の交通手段が選べるのが良い。

もちろん初めてカンボジアに行ったときのように、
群がる市内までのバイクタクシーを勧める人の中から
「良い人そうに見える」人を選んで値段を交渉するのも
たまにはいいけれど。

ロハス通りはマニラ湾沿いを走る大通り、
暗くて分からないが左手に海、
右手は大きなホテルが連なっている。

ホテルまでは30分もかからない、
500円くらいで到着、金額の面倒もないのがいい。

さっそく市内のフィリピン料理の店に入る、
写真で選べるが、写真では味までは分からない、
カレカレという料理を注文、
カレーなのかと思ったら、ほとんど味はピーナッツバターで
魚や野菜を煮込んだものだった。

味は微妙でした。

旅も7日経過、あと少しリゾートホテルで
持ち込んだ推理小説を読む予定。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


治安が悪いと評判ですが、そうでもないと思います。

★映画ランキングはこちら

最新韓国事情・・・映画、為替その他

2008年06月22日(日) 22時25分
店の前に張ってある沢山の写真から
今日の食べ物を選んでから入店、
「海鮮鍋」はカニを入れる、入れないで値段は変わるが
それでも8.000ウォンから15.000ウォンの間くらい
日本円で850円〜1.600円。



材料がドーンと運ばれ
小鉢が並んで、全部店の人がやってくれるので
煮えるのを待つだけ。

さて15回目のソウルから帰って来ました。
週末の明洞の賑わいは相変わらずだけど
映画については変動あり、
まずは明洞の映画館がひとつ潰れていたことと
韓国映画の上映が極端に減っていること。

今回はソル・ギョングの「公共の敵1.1」が
孤軍奮闘残りはハリウッド映画ばかりだった。

2002年12月に初めて韓国へ行ってから
当初はたとえば空港からソウル市内へは
バスは6.000ウォン当時は0をひとつ取って計算してたので
600円くらい、
それが昨年は8.000ウォンでも
為替が1.4倍くらいだったので1.120円くらいと約倍になった、
そして今回は9.000ウォンで為替は
円高方向(最近は少しウォン高)で0.14くらいで計算
1.260円くらいになる。

ガソリン高もあるが、
たったの6年でかなりの値上がりだ、
食事が安いのも魅力だけど
最近は日本でもおいしいのが食べられるしね、
そろそろ韓国もいいかな。

さて次はどこへ。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

帰りの飛行機はほぼ満席、
大きな荷物を持ってまだまだ魅力は多いということか。

★映画ランキングはこちら
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf