2018年10月トルコ共和国旅行 カッパドキア2日目

2019年04月14日(日) 19時26分
2018年10月トルコ共和国旅行 カッパドキア2日目

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


早朝から起きだして、気球に乗るツアーの
ピックアップを待った。

5:30の約束、まだ外は暗いし、かなり寒い。
秋っぽい服装は持ってきてるが
これならウルトラライトダウンを
くるくるってまとめて、持ってくるべきだった。

色々着込んで、ホテルのロビー(フロントのある
部屋のすごく狭い部分)で待った。

しかし6時半を過ぎても来ない、
ほかの人たちはツアーの車が
どんどん迎えにきてくれている。

フロントの人が心配して
電話を貸してくれた、
かけると「明日じゃないですか?」と、
日本語で話せるのは嬉しいが
そんなことに喜べない、
気球に乗れなさそうなのだ。



1時間近く待って
ツアー会社から電話をもらったが
いろいろ探してみたが
満席で乗れないということになった。


予約が2重で入っていたのを
取り消したとかなんとか
言っているが、それはこちらのせいじゃない。



ということでホテルから
食堂やお店のあるあたりに走っていって
どこかで今日というか、今から
気球に乗せてくれるところはないかと
探したが、
ひとつの代理店は、電話で聞いてくれたが
やはり満席のようだった。

ツアー会社のひとは
「大変申し訳ない、今日予約している
カッパドキアの一日ツアーは、無料にする」と
申し出てくれたが
なんか、楽しみにしていた気球に乗れなことの方が
ショックで、力ない返事をしていたと思う。



8時ころ、ホテルで朝食をとり
荷物のパッキングを始めた、
ツアー会社のピックアップで
カッパドキアの一日ツアーが始まる。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

Soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 イスタンブールからカッパドキアヘ移動

2019年03月16日(土) 15時35分
2018年10月トルコ共和国旅行 イスタンブールからカッパドキアヘ移動

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


今日はカッパドキアへ移動だ。

人気の観光地だけあって、
イスタンブールから一日に何度も往復してる、
ということで、
いつも良好だと早朝起きて、慌ただしく
移動してるんだけど、
ここはゆっくり行こうと、
イスタンブール12:20発、
カッパドキア最寄りのカイセリ空港に
13:45着のフライトを日本から予約していた。

朝もゆっくり、
ホテルの朝食は最上階なので景色もいい、
ブルーモスクは、すぐ。
カッパドキアとパムッカレの
2泊3日の移動は
旧市街の同じホテルに
5泊予約していて、大きな荷物はホテルにおいて
身軽な感じで10時のタクシーを待った。



市内は結構渋滞すると
ガイドブックにあるが
交通渋滞というより
旧市街の一方通行だらけの
狭い道を抜けるのに時間がかかる印象。

大きな道に出るとスムーズに空港へ。

1時間20分のフライトは
あっという間。

これも予約していた送迎のタクシーが
カイセリ空港で
名前の書いてあるボードを持っていて
他の乗客を待って
ギョレメ地区へと向かった。

それぞれのホテルで客を下ろして
今夜のホテル
「カッパドキア・ケイブスイーツ」で
やっと一息

3時くらいに到着した。



ホテルは一応洞窟ホテルだけど
岩山部分とあとからレンガで
付け足したような部分があり、
イメージしていた洞窟ホテルとはちょっと違った。

部屋は広くてリビングと寝室は別、
風呂はジャグジー付きという豪華なもの、
だだっ広く感じて、寒々しい、
なんだろう、ゴージャスなのに
なんか近代的過ぎて
洞窟ホテルというイメージから
どんどん離れていく感じ


快適さを求めてるくせに
どこかで近代的すぎると
もっとゴツゴツとした
無骨な岩山のムードも感じたいと
まあ、無理なこと考えるわけです。

とりあえず、いいホテルには間違いない。
でもちょっと、違うというとこ。

夕食は名物のツボ焼きケバブでも食べよう。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

Soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 旧市街観光

2019年03月03日(日) 19時32分
2018年10月トルコ共和国旅行 旧市街観光

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

ガラタ橋の付近には
丁度ガイドブックに、トルコ料理の「ハムディ」が
紹介されていたので、直行した

8階建てくらいのビル全部がレストランのよう、
エレベーターで上階へ、
結構混んでた。

ハムディのHP
http://hamdi.com.tr/

トルコ初心者として
ガイドブックにオススメがある
ケバブやサラダ、
ヨーグルトのディップ、等々
メニューは分かりやすかったので安心。


ケバブは初めてじゃないが
こういう良い雰囲気だと
高級な料理に見えるから不思議。
想像した通りの味で
ビックリするほど美味かったとは言わないが
ガッカリすることはないので、
トルコ初心者にはいいだろうな。




値段も、いい雰囲気の割に
お安い、
これは為替のせいかもしれない。

このレストランのあるビルの裏手は
小さい店がビッシリあって
食後、ブラブラと買うでもなく
歩くのは楽しかった。


グランドバザールより小ぶりな
エジプシャンバザールもこの付近で
香辛料とかね
目を引くものはあるけど
買う気はないからね。

異国情緒は満喫できる。

食事してブラついて
9時を過ぎたころ、
ホテルの方に戻ろうと
タクシーを止めるが
高い値段を言われたので
タクシの中に座ったけど、降りて
トラムに乗って
スルタン・アフメット地区に戻った。


トラムは切符の買い方も簡単で
街の様子を見ながら
3区間か4区間くらいで到着。
駅の名前が分からなくても
見知った建物とかで大丈夫。

さてホテルに戻る前に切手を買おう。
明日はカッパドキアへ移動だ。



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

Soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 旧市街観光

2019年01月11日(金) 20時17分
2018年10月トルコ共和国旅行 旧市街観光


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

ホテルは旧市街にあるため
チェックインして、荷物を置くと
まずはグランドバザールに向かった。
ホテルから10分もかからない、
トラムの走る大通り沿いを歩けば
ワリと簡単に目的地に到着。




入口が沢山あるので
出口を間違えると
とんでもない方向にドンドン歩いて行きそうで怖い、
この後は、ガラタ橋方向に行きたい思いつつ、
まずは両替から。

空港より両替の率が良いと
ネットの情報で
ここまで、まだ円とユーロしか持っていない、
ぐるぐる回りながら、発見、
1トルコリラは、約18円、
現金の両替なので、簡単に1リラ→ 20円として
この旅行中は換算していた


ISやテロの影響なのか
最新のガイドブックが無いので
2016年1月発行の「まっぷる」を持って行ったが、
そこには1トルコリラ45円とあるので、
旅行者にとってはラッキーな時期だ。




バザールの中にはカフェもあり
そこでこの旅初めての、食事を、
チャイを飲み、
キョフテの1種なのだろう、
ピザの様なパンを食べ、ラストにトルココーヒー。




バザールを後にして、
新市街との間を流れるハリック湾方向へ、
結構歩くがまだまだ目的地に着かないので
タクシーに乗って、
ガラタ橋まで、
タクシーはメーター制なので
交渉無しで快適だった。



このガラタ橋の付近から
ボスボラス海峡クルーズの発着があり、
そしてここに来た目的の
サバサンドを食べた

岸壁に横付けされた船の上で
大きな鉄板の上でジュージュー焼いてる
さっそく注文したが
すぐ渡されて、いやな予感
作り置きのサバサンドだった!
熱々が食べたかったな。



色んな書き込みでは「最高!」とか
トルコの旅行中で一番うまかった!とか
チェックしていたので期待したが
冷たいし、硬いしで
美味いけど、そこまでは・・・・という感じ。

この後、ガラタ橋の下のレストランを
少し見たが、そこでは熱々のサバサンドが
提供されていたので
こっちが良かったかも、
でもまあ、屋台グルメがイメージなので
そこは迷うところだ。

だいぶ暗くなってきた、夜7時、
レストランに向かおう。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ 宿泊「Sultanhan Hotel」★★★★

2018年12月14日(金) 1時09分
2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ 宿泊「Sultanhan Hotel」



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

旅の計画として、
イスタンブールにホテルを5泊とり、
荷物は置いたまま、
2泊目から2泊3日は
カッパドキアとパムッカレへ行こうと、
イスタンブールの旧市街で
観光名所に行きやすい場所のホテルを探して、
「Sultanhan Hotel」に5泊を
エキスペディアから予約した。



「Sultanhan Hotel」は、
空港から40分くらい、
旧市街の中心地は狭い道が入り組んで
一方通行に路上駐車が溢れていて、
大きな道路はスイスイ走っても
タクシーは狭い道に入って
くねくねとグルグル回ってるような状態。
ホテルは8階建てで
1階がロビー、8階は朝食用のレストラン、
2階から7階が部屋で全40室。



グランドバザールとアヤソフィアの
中間あたりにあり、
ブルーモスク、トプカプ宮殿も徒歩圏内、
屋上のレストランからは
アヤソフィアが見える。
立地は観光に最適といえる。


繁華街にあるので
周囲にはレストランや土産物屋、
コンビニもあって、すごく便利、
治安も不安な感じはなかったな。
夜10時頃もまだたくさんの人が
歩いていた。

ホテルは大きな通りから少し
引っ込んだ場所にあるので
騒がしくて寝られないとかも無くて
快適に滞在出来た。
部屋にはWiFi (無料)。





部屋の広さや設備は標準的、
窓からの眺めは、すぐに隣の
建物の為良くない。
表通りに面した部屋もあるので
リクエストすれば変えてくれる、
自分はホテル滞在というより
カッパドキアへの拠点と考えたので
今回は部屋の移動はしなかった。


ホテル滞在を快適にしたいなら
視覚的に開けた
表撮りに面した部屋に変えてもらいと良い。
チェックイン時も欧米の宿泊客が
さっそくそんなリクエストしていた。

朝食メニューはバイキング方式で
豪華じゃないけど
充分だと感じた、

特産品の蜂蜜は
蜂蜜の柵のまま、立てて置いてあって
自分でスプンですくって
取るようになっていた、
こんなの初めて見た。

今回はエクスペディアで航空券と
一緒に予約したので
割安に泊まれたのも嬉しかった。
ホテル選びはその旅の印象を
大きく左右するので
慎重におこないたいもの、
今回は快適な滞在が出来た。


「Sultanhan Hotel」★★★★(5つ満点で4つ!)


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ「気になる空港から市内へのタクシー事情」

2018年11月18日(日) 1時09分
2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ「気になる空港から市内へのタクシー事情」

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

空港に着いて、荷物をピックアップし、
今日の分として少し両替をしたら
次は市内のホテルまでのトランスポート。

以前は、空港に着いて
空港の敷地内の「タクシーサービス」カウンダーで
値段を聞いて、それを「地球の歩き方」とかに
書いてある、適正料金か確かめて
タクシーで市内へ、
というのが多かった。

最近はネットで事前に調べて
タクシーが安くて速いなら、空港タクシーで、
でも他に空港送迎専門のサービスもあって
値段やトリップアドバイザーの口コミを
参考にして選んでいる。

今回は「Istanbul Airport Taxis」


というネットのHPで調べた
タクシーを利用した。
他のグループと混載ではなく
自分だけの車を手配してくれて
25ユーロ(約3,250円)、

宿泊するホテルからは送迎の手配をするよと
メールが来たが、値段は40ユーロだったので
ネット予約で決めた。

今回は国内線でカッパドキアへも移動するので
2往復、合計で4回利用した。



空港の税関を通ってトビラが開くと
名前を書いたカードを持った人がたくさんいて
その中から自分の名前を見つけたら
もうOKなので簡単。

あとは係員さんについていくだけ、
乗る車を指定されるので
ドライバーさんに荷物を預けたら
最後に車内でホテルの名前を確認したら出発。

簡単な挨拶程度で、妙なサービスの
誘いも無いし、チップをせがまれることもなく
ビジネスライクな接し方で
気持ちいい利用が出来た。



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ「エティハド航空」

2018年11月16日(金) 11時52分
2018年10月トルコ共和国旅行 旅のパーツ「エティハド航空」

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

10月に5泊8日でトルコ共和国に行ってきた。

名古屋からどの航空会社を選ぼうかと
旅行の計画を立て始めた時、
成田経由でトルコ航空なら直行便、
名古屋からダイレクトなら
アブダビ経由でエティハド航空も
選択できるなと、
結局大きな荷物を持っての
国内移動が面倒だなと
エティハド航空に決めた。


名古屋のセントレア発が夜の9時50分

チェックイン時に、座席に少しゆとりのある席が
まだ残ってるか聞くと、
非常口の足元の広い席が
10,000円程度で変更できるというので
そこに変えてもらった。

実はこのサービスは
行く前から知っていたが
航空券をエクスペディアで買っていたので
HP上で購入することが出来なかった。
正規でHPから購入すると
早めに希望の席が購入できるらしい。

定刻より少し早めに離陸、
まずは北京へ。

この飛行機は、中国人の利用が多い、
日本からの中国への帰国の乗客を降ろし、
その先へ向かう自分たちの様な乗客は
自分の席に座ったまま、
1時間程度の清掃を済ませると、
今度は北京からアブダビ経由で
各国へ向かう乗客を迎えて
深夜1時半ごろアブダビに向けて飛行開始。

名古屋から北京での食事、
北京からアブダビに向かう時の食事、
両方とも美味しくなかった。
日本で作ってるのにどうしてこの味?と
感じるくらいだった。




機内の楽しみはエンタメだけど
行く前から、エティハドの映画などは
日本語字幕や吹き替えがほとんど無いと
リサーチしていたので
アマゾンプライムでダウンロードしておいた
映画やドラマを、持ち込んだタブレットで
見ていたので、
足元広ろびろ、
見たかったドラマや映画を見て快適に過ごせた。


ただしモニターの大きさは
今までで一番大きかったし、
英語が出来る人なら、豊富なタイトルから
映画も選べると感じた。


アテンダントさんの対応も
いたって普通で問題なし。
機内食の美味しくなさだけが
残念だったな。


アブダビでは降機して、
2時間半くらい待って
イスタンブール行きの飛行機に乗り換えた。

このアブダビからイスタンブールは
普通の席だったが
特に狭くもなく問題なし、
また機内食は最初の2回があっただけに
すごく美味しく感じた。



名古屋から北京が3時間ちょっと、
1時間半くらい機内にとどまって、
北京からアブダビは8時間40分。
2時間40分のトランジットで
アブダビからイスタンブールは5時間、
長い長い移動と
その間に時計を6時間戻して
トルコのアタテュルク空港に
13時45分到着した。


旅のパーツの航空会社選びは
すごく重要だ、
できればマイルをためている
ANAを選びたいが
今回のようにセントレア発着にこだわると
新しい航空会社に乗ることになる。

エティハド航空は名古屋から
ヨーロッパへ向かう時も
使い勝手は良いと感じた。
もし次回があるなら
HPで航空券を購入して
さきに気に入った席を確保したい。




★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

2019年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf