インドへ行って来ました!E世界遺産エレベータファンタ島は手軽に観光できる

2017年09月30日(土) 1時09分
インドへ行って来ました!E世界遺産エレベータファンタ島は手軽に観光できる

昨年、2016年10月に行ったインド旅行記をゆっくりと
更新中。


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

1987年にUNESCOの世界遺産に登録された

今回の旅行も最終日、
飛行機が夜10時頃なので
ゆっくりホテルを出発して
エレファンタ島に向かった。

初日に来た、インド門に再び戻り、
インド門横の船着場から
1時間弱、
波は穏やか、
小雨模様なのが残念。
屋根はあるので濡れる心配は無い。

ムンバイから手軽に行けるので
アジャンタやエローラは時間がなくても
ここは訪れたい。
船に乗るだけで
観光気分が盛り上がるから不思議だ。


島の桟橋に着くと
トイトレインが待っていて
乗ることが出来るが
自分は歩いた、
乗るほどの距離じゃないと
ガイドさんが言ったからだ。



石窟の入り口付近は
食堂や水やジュースを売る
スタンドなどがあって、
正面の石段を登っていく、
ここからがスゴク楽しくて
両側に露店の土産物屋さんが
びっしりあるからだ


ムンバイ市内の有名な
土産物屋と比べると
クオリティは落ちるが
値段は半額以下くらいか・・・、
なにせ、価格交渉が出来るのがうれしい。

もうこっちも、買う気満々だからね、
でも値切れるなら
そのやりとりの時間が楽しい。

でも行きはチェックくらいにて
買うのは帰り、
階段を上っていくつかある石窟見物。

第1窟には、三面シヴァ神像や
シヴァの結婚や踊るシヴァの像などが
見られる。




薄暗い中、ぽつぽついる人の気配を
わずかに感じつつ、
ガイドさんのシヴァの解説を
聞いてるふりしながら
実際は湿気の多い暗闇に
6世紀から8世紀に造られてから
祈りの場であったこの場所に
自分がいることの場違いさに
不謹慎だけど
笑っちゃうような気分だった。



その後、比較的レリーフなどが
残っている場所をいくつか回り、
もう後半は、階段和木の露店に
注意が向かっている始末。

お土産をゆっくり選びたいという
それだけの理由で
ここへ来ても満足できそう。


帰りの船、
インド門が近づいてくると
今回の旅もそろそろ終わろうとしている。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

インドへ行って来ました!D世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り・二日目

2017年09月29日(金) 1時09分
インドへ行って来ました!D世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り

昨年2016年10月に行ったインド旅行記をゆっくりと
更新中。


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

1983年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録。

今回の旅の目的、
アジャンタ・エローラの石窟寺院群見物

昨日に続いて、今度は
エローラ石窟寺院群

ホテルから30キロほどの距離なので
1時間弱で着く。

アジャンタとの違いは
その全体像の成り立ちの特異性にある、
紀元後6世紀から10世紀にかけて
仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の僧侶たちが、
幅2キロの崖に僧院や寺院を
彫り上げ、共存していること。



エローラには34の石窟があり、
そのうち12仏教窟、
17がヒンドゥー窟、
5つがジャイナ教窟になっている。

石窟というと
アジャンタのように岩を掘って
小さな洞窟のようなものが多いが、
ここは崖を垂直に掘り下げて
洞窟というより
岩を削って寺院を造ったように
外部に露出している。





その大きさは圧倒的で
細部も見事に彫られ
その大変な作業が
現代のような道具も無い時代の
ものと考えるとまさに
気が遠くなる。





岩山に登って
上から下を見下ろしたり
ぐるっと建造物を身近に感じたり
一瞬暑さも忘れ見入る瞬間が
何度もあった。





人々の祈りは
時々こうして形となって
後世に残り、自分たちを感動させてくれるが
その濃密な信じるという行為は
自分には分からないが
こうして壮大な遺物を目にすると
神の存在がもっと身近だったのかもと
考えた。

自由時間を満喫して
ガイドさんと合流し
アウランガーバードへの帰路についた。

全部をじっくり見るなら半日くらい
必要だと思うが
暑さもあり、
宗教的にそこまで詳しくも無いので
2時間もあれば、見どころは回ることが出来る。

ムンバイから国内線で
この遺跡の町までやってきたが
その価値は十分に感じた。


遺跡が町から近いこともあり、
この後まっすぐ空港へ向かい
ムンバイへと戻った。

ムンバイのホテルには
8時頃着いた。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

インドへ行って来ました!C世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り

2017年09月26日(火) 1時09分
インドへ行って来ました!C世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り


昨年2016/10月に行ったインド旅行記をゆっくりと更新中。


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

1983年 ユネスコ世界遺産の文化遺産に登録

今回の旅の目的、
アジャンタ・エローラの石窟寺院群見物



朝8時にガイドさんと合流、
本日はアジャンタへ、明日はエローラ
小さな町なので少し走ると
民家より畑や荒野が続く、
道路の状態は良いので快適、

途中でチャイの休憩、
これは自分たち用というより
ガイドさんや、ドライバーさんの為のものかも。

店にはラサから来たという
若い僧侶の一団と出会った。
つたない会話を交わす。

ホテルを出発してから
2時間半ほどで遺跡の入り口に到着。

売店や傘を貸してくれる人などが迎える。

ゆっくり歩きながら
川を下に見ながら順路を進むと
視線の向こうに岸壁と
歩く人々、ところどころに空いた穴が見えてくる。




ガイドさんに頼んで
隈なくというより有名どころ
見逃さない方が良いという
お勧めの石窟を案内してもらった。



保存状態の良いものから
かなりはげ落ちたもののあるが
そういったものは、がっかりするというより
時間の経過を如実に語っているようで
詳しい解説は要らない
ただ記憶に焼き付けるみたいに
じっと見入った。





壁画といえば
かつてスリランカで見たが、
紀元前200年頃から
紀元後650年頃の造営と言われ、
そのころアジアに広く
同じような文化が広がっていたんだなと思うと
交通事情が悪い中でも
仏教を広める信仰するという
人間の祈りの底知れない力を感じた。




30余りある石窟は
ワゴーラ川の流れに沿って
長さ 550メートルの半円を描き、
高さ 76メートルの長大な断崖に
様々な大きさ、深さで配置されている。

朝の11時頃、時折小雨が降るが
すでにねっとりと熱い、
カフェで会ったラサからの
若い僧侶たちともすれ違う、
スマホで自撮りする姿は
オレンジの袈裟を着ていなければ
若い観光客と変わらない。



信仰って自分たちはとかく
厳しいものと考えがちだけど
アジアの各地で時折感じるのは
もっと生活に密着して
かしこまるのではなく
普段着のように親密なものだということ。

それでも彼らも厳しい修行も
あるのだろうな、
彼らの笑顔が国に戻っても
続いて欲しいと願った。


歩き始めたところから
最深部まで来て
戻るのは自由散策となり
ゆっくり戻った、
2か所ほど小さな滝もあって
涼を求めて休憩がてら
座って歩いてきた道を振り返った。

遺跡入り口のレストランで
昼食をとった、
セットメニューや単品料理も
メニューにはたくさんある、
英語表記なのでなんとか
分かるが、ここはガイドさんに
適当に選んでもらって
1時間ほど休憩。

2時前には岐路に着いた。
4時過ぎにホテルに戻って休憩。

遺跡の入場料はツアー代金に
含まれているので不明。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

インドへ行って来ました!Bムンバイから遺跡の町、オーランガバードへ 

2016年12月28日(水) 20時16分
インドへ行って来ました!Bムンバイから遺跡の町、オーランガバードへ 
世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り

今年10月に行ったインド旅行記をゆっくりと
更新中。


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


遺跡の街へ国内線で移動、
空路、オーランガバードへ
結構混んでいる、
自分達のような観光客らしき人より
普通に移動しているインド人ばかり、
サンドイッチ?とオレンジジュースが
配られた。
一時間ほどで到着。


ここでも待っていてくれた車に乗り込み
スムーズに移動、
拠点のホテル
「ウェルカムホテル ラーマ インターナショナル」に到着。
ムンバイのホテルと比べると
急にグレードが落ちるが、
それは都会のホテルと地方のホテルの違い、
エレベーター前の大きなガネーシャ像や
アジャンターの壁画を思わせる彫刻など
所々にインドらしさを見せ
何処も似たようなホテルとはちょっと違う。




夕食までまだ時間があるので
ホテル近辺を散策、
ガイドの人にオートリキシャを捕まえてもらい
市内中心部まで連れて行ってもらったが、
バスターミナルでバスを待つ人達を
ただ見るくらいいで特に目をひくものナシ。


ホテルに戻りつつ
コーヒーを飲める
感じの良い店を探して歩いたが
全然見つからない。
ホテル近くに来て、店構えが明るい雰囲気の
ジューススタンドを発見、
すると地階がテーブルのある店だったので
入って、コーヒーじゃなく
コーヒーフロートみたいな冷たいドリンクを注文、
ほっと一息。





あまり外国人なんて来ないからか、
店の人達全員の視線を感じつつ、
良い店だったけど
もう二度と来ないだろう店を出て
またホテルへの道を歩いた、
大きな通りの歩道を歩くので
頻繁に車がすぐ側を通り
後ろからはバイクがどんどんやってきて
暑い、うるさい、危険と
ホテルの長い塀が見えた時
心底ほっとした。

ホテルで夕食、
カレーが何種類かあるが
どれも間が抜けた感じ、
でもこれはムンバイのホテルでも感じたので
本来はこんなものなのか。


この旅を通して
日本で食べるインドカレーとあの
肉厚で美味しいナンには
巡り合えなかった、

日本人の好みに合わせてるんだなと
日本のインド料理が改めて
ありがたく感じた。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光

2016年11月20日(日) 1時09分
インドへ行って来ました!Aムンバイ市内観光
 世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り


<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



朝はゆったりめ、
専任のドライバーさんとガイドさんの
お迎えでムンバイ市内観光へ。

まずは10年前も行った
インド門(Gateway of india)へ、

ここはフォート地区の南、湾に面して
建つ巨大な門。
インド皇帝ジョージ5世夫妻の来印を記念して
1911年に建立された。



地元のインドの人達も沢山来る
観光名所、
インド門や付近のタージ・マハル・ホテルを
背景に写真を撮ってくれる商売が
流行っていて、断るのが
大変なくらい、ワーッっと
彼らが群がって来る。

そういうのを「要らない」と
適当に振り払うのも
旅の楽しいところ、

最近はお行儀の良い観光地が多いから
追いすがる“モノ売り”って
あまり居なくなったけどね。

このインド門は前回来た時は
ホテルから歩いてきた、
海岸沿いのホテルで
立地は良いけど、日本のビジネスホテルの
くたびれた感じだったな、
でも屋上のレストランからの景色は
インド門も見えたし良かった記憶がある。

その時、それから10年くらい経って
またここに来ることなんか
想像もしてなかった。


ツアーの良いところは
待ってるとすぐに車が来て
次の場所までスムーズに行けることだ。

インド門からすぐ近く、
チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅は
2004年にユネスコ世界文化遺産に登録された

今も現役の鉄道駅で、
1888年に建造された、
外観は重厚で見ただけでは
鉄道駅とは思えない。



その後は「ドービーガート」と呼ばれる
巨大な洗濯場へ、
ガイドさんも洗濯を頼むの?と聞くと
「仕事で忙しいから、洗濯はお金を払って
時間を節約します」とのこと。
たくさんの洗濯物がはためいて
その帯だたしい数と色の氾濫が
その向こうに見える無機質な
高層ビルに、ここに生活があると
沢山の人達の生活が確かにあると
知らせてくれている





「一瞬なら、下に降りて見ることが出来ますよ」
そう言われたが
普通の人々の暮らしを覗き見るみたいで
車に戻った。

昼を食べたら
遺跡の街へ国内線で移動だ。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

インドへ行って来ました!@

2016年10月10日(月) 1時09分
インドへ行って来ました!@
 世界遺産のアジャンタ・エローラ石窟寺院巡り

2016/9/29-10/5
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい


昨年のメキシコに続いて
秋の旅行は、早くからインドのムンバイへ
行こうと決めていた。
ANAの直行便が毎日就航し、
その記念でビジネスクラスが
少し安くなっていたので即決だった。


3年前スリランカへ行った時
書いた一部をそのまま借用する。

いままでいくつの世界遺産へ行っただろう、
「どこが一番良かった?」と
聞かれることがあるが
「一番」って、答えるのは難しいが
聞く方はそんなこと思ってもいないようだ。
まあ、聞いた後で
「へー、そうなんだ」くらいの
感想しか持たれないから
答える方も、その時の気分で答えるわけで。

もちろん、エジプトで見た数々の
遺跡は抜きんでていたけれど、
その時の状況でやはり
見て来たばかりだったり、
たった天気が良かったり、
ガイドさんが良かったりだけで
印象は全然違ってくる。

今回の旅行も日本語ガイドだ
全行的プライベートツアーで
付いてきてくれたので
時々のちょっとした変更も柔軟で
とても快適な旅だった、
だからひとつの遺跡というより
観光全体を通して
良い印象しか残っていない。
インド人の日本語もレベルが高かった。

初日は名古屋から成田へ
そして飛行機でムンバイへ
移動の一日だった、成田→ムンバイは8時間半
座席はフルフラットのシート、
食事も満足、ホテルには夕方7時頃
チェックイン、空港近くなのでスムーズ。
インドとの時差は3時間半
時計を戻した。


夕食はホテルのビュッフェで
最初のカレーづくしの洗礼をうけた



食後まだ時間的に余裕があるので
ホテルを出て、少し歩いたが
薄暗く、めぼしい店が見つからず、
探索は明日以降に持ち越し。



本日の宿泊は「The Lalit Mumbai」
外見はパッとしないが
中に入ってゴージャスさにビックリ、
広いロビー全体にレモングラスの香り。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf