万博三菱館ハウステンボスに再現

2005年12月08日(木) 20時40分
愛・地球博
三菱未来館@earth
 
長崎ハウステンボスに
復活さる









万博は終わっていない。
そこここで、再利用が報道されている。

同じように日本中に散らばるといいな、
たまたま訪れた土地であの夏の暑い日の記憶が
また蘇るなら、こんなうれしいことはない。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

モリゾーとキッコロ復活?!万博経済効果

2005年11月11日(金) 8時20分
9月25日閉幕した愛・地球博(愛知万博)の
キャラクターの「モリゾーとキッコロ」は
森に帰ってしまったが、今度復活するかも
しれないそうだ。(以下、朝日新聞より)

★「モリゾーとキッコロ」復活か!

11月20日エコマネーセンターの開所式が
アスナル金山で行われるが、
そこにモリゾーとキッコロが登場するかもしれないようだ。

爆発的に人気となったキャラクターを
今後はエコマエネーのシンボルとして
活躍させては、どうだろうという考えのようだ。

当日は大変なことになるだろうな。
またせっかくピンバッチを全種類集めた人は
いやーな予感がしてるかもしれないね。(出るぞー、どんどん)

★万博の経済効果
万博協会は愛知万博が全国に及ぼした
経済効果を最大7.7兆円と発表した。

これは2005年のGDPを0.2%押し上げる効果がある。
すごい数字だ。

最大は中部国際空港や第二東名等の
周辺のインフラだが、
入場料収入等の直接効果も3兆5千億円程度とみられる。

万博が愛知の人に何を残したか、そして日本に。
今後一度考えるべきことかもしれない。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

さらば万博・ラストは「日立」

2005年09月25日(日) 22時06分
2200万人を記録した
名古屋万博が終了した。

私のラストは22日
「長久手愛知県館」初入場
ライブ感覚での環境への配慮の
訴えは心に迫る。

その後、気に入りの
「モロッコ館」へ行くが
かなりの列で諦める。5度行ったが
アラビアンナイトの世界、
きらびやかな色にめまいがしそう。

何故だか、そこでコーヒーを飲むと
なんだか全く別世界にいることが
落ち着いた。
もうあの場所はなくなってしまうが
いつか現地に行ってみたい。

そして「日立」へ。8回目。
実はHPからアザラシをダウンロードして
20日間育てていて、25日には消えてしまうので
では、日立に会いに行こうと
「タイマイが手から離れたら、アザラシが見えますからね」と。
アテンダントさんに言われていざ。

そして20日間育てたアラシ君が登場
クルリと回転し、こちらを何度も見ながら
彼は海に消えていった。
声を出している自分に気がついたが
恥ずかしくない。

18回通った私の万博が終わった。
海外へは50回くらい延べで行っているが
まだまだ知らない国は多い。

アフリカ共同館で買い込んだ
コーヒー豆がなくなる頃、
また何処かへ行きたくなるだろうな。


★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

万博「日本館」「三菱未来館」映像体験

2005年09月22日(木) 0時06分
「長久手日本館」
6度目にしてやっと
バージョン2を見ることができた。

印象としては、出来のよさというか
映像の感動度は大きい順に

夏休み>バージョン2>バージョン1

夏休みバージョンはそれまでの学習が
効いたのか、出色の出来。
映像の広がりは球体ということを
ホントうまく使っている。


本日は来館300万人達成記念ということで
記念の3色ボールペンをもらう。
なんでももらえるものは単純に嬉しい。

そして2度目となる
「三菱未来館」
ロボットとかは、万博の人間型の案内ロボットや
トヨタのロボットを見ているので
三菱のロボットに驚きはない。

メインの部屋は椅子に座って
映像を楽しむ。
大画面を横切る大きな体のクジラの
姿は迫力があり素晴らしい。

天井の鏡も効果的で素晴らしい。
また何といってもここには
今回の万博のテーマがちゃんと示され
奇跡の地球に、今を生きる
自分という人間の存在自体も
奇跡のようだと感じる。

そして生を受けたなら
やはり自分も地球号の乗組員として
環境やこれからについて考えたいと
妙に真面目になったりするのだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

自然と人間の共生について考えながらも
外にでると心はもう帰りのリニモの心配。

先週はゲートからリニモに乗るのに1時間10分かかったが
今日はほぼ同じ6:40頃で30分待ち
何だか長くそれ程感じないのが不思議。

楽しんできた万博もあと4日。
さて明日も行くよ!

9/14万博16回目

2005年09月14日(水) 23時06分
夕方4:20会場に到着
本日は「長久手日本館」事前予約がとれているので
予約の6時まで、行けてなかった
「地球市民村」
「ロボットステーション/わんぱく宝島」
そして「EXPOホール」
このあたりを回り、せっせと「スタンプ帳」に
スタンプを押しつつ見て来た。

市民村の天井に映像の映る部屋では
皆さん、お休みモード。
丁度、土砂降りだったこともあり
自分も少し休んでボーツと映像を眺めていた。

18:00「長久手日本館」入場
この時点で160分待ち。

ここは今回で5回目、ただバージョン@と
夏休みバージョンを2度ずつ見ていたので
今日は「バージョンA」のつもりで行きましたが
また「バージョン@」でした・・・。

もう見られないだろうな。
この天球は東京の博物館に移築され公開のようなので
これからもっと驚く映像が見られそうだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★帰りは6時35分に北ゲートを出て
目の前のリニモに乗ったのは7時47分でした。

パビリオンの殆どを事前予約で待たずに見ているのに
リニモに1時間以上待たされ
帰りの藤が丘からの地下鉄は熟睡でした。

万博「アフリカ・スタンプ」A

2005年09月02日(金) 0時32分
万博「アフリカ・スタンプ」A

さて、スタンプ集めに
強力な助っ人がアフリカ館にある。

全部で32種と書いてある。

これを自分のパスポートのスタンプと比べれば
何が不足してるのか分かるのだ。

また、隣にはイラストでどの位置にその
スタンプ及びパビリオンブースがあるのか書かれていて
すごく親切、コピーを配ってくれたらさらに嬉しいのだが。


ラストはアフリカの蝶のコレクション。
ガラス貼りなので正面と、裏側が見ることができる。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

万博リポートK混雑してます!

2005年09月01日(木) 23時55分
万博リポートK

15回目の万博です。
最近は毎週行っていますが、
ここに来て明らかな変化が。

本日は夏休みが終わり、新学期始め。
子供が減ったかと行きましたが
17万人の人出。スゴイ。

明らかな変化は何かというと、
明らかに人が増えているということです。
どんな外国館も待ち時間ナシということはなく
ビックリ!

コモン4では「ロシア」「スイス」あたりは
ぐねぐねと人の列がスゴイ、
とにかく20分以上を基準にして
それ以上は待ちたくないと考えているので
すべてパス。

ただ「スイス館」はこのコモン4で唯一入場していないので
いつかは並んででも入りたい。
オークションで15.000円で売りに出されている
「アーミーポケットランプ」を入札する前に
実物を見ておきたいしね。

さて、今回一番リポートしたかったのは
帰りの事。
リニモ待ちはしたくないと6:20にゲートを出ると
何だかスゴイ列が出来ていて
ノロノロと進み、乗れたリニモは6:49発。
約20分くらいはリニモ駅の入り口や,駅の構内で
待たされた。

こんなことは初めてなので
もう少し遅くなると1時間待ちは7時台くらいから
あるのかも。

いよいよ行きにくくなります。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

文章に関係ないコーヒーの写真をつけてますが
ここのコーヒーは4回行っています。
モロッコの館内も気にいってます。

万博「アフリカ・スタンプ」@

2005年09月01日(木) 23時07分
万博「アフリカ・スタンプ」@

ワールドスタンプ・パスポートの緑は
会場でたくさん見かける。
日本人はこういう記念モノが好きなのかな。

西ゲート脇の「コモン5」
ここはアフリカ共同館がグルリと
コの字型に建物が並び
沢山の国々が入っているので
スタンプ集めには楽しい場所

34個のスタンプを集めたが、これで全部なのか
まだあるのかはなかなか分からない。

デザインは様々でこれは後で見て楽しい。



★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「万博記念グッズC−パビリオンピンズ」

2005年08月22日(月) 7時25分
「万博記念グッズC−パビリオンピンズ(バッチ)」

各パビリオンでは形も様々なピンズ(バッチ)を
購入することができます。
スタンプをほぼ終えた今、ピンズを求めて
再度各国のパビリオンを訪れています。


企業館ではキャラクターのピンズが
数種類売っているところもありますが
お金が追いつきません。

グローバルコモンの各国のピンズは
全ての国で販売されているわけではありませんが
最近になって製作されたものもあり
新しいのを見つけると
レジに向かっています。

様々な形アリで見ていても楽しいです。
出来の甘いものや、キッチリしているもの等々
なんだかその国を感じられる気さえします。

このピンズも今は一箇所にまとめて置いて
飾っていますが、SWのボトルキャップと同じ
運命が待っているのだろうな。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「万博記念グッズB−記念切手」

2005年08月21日(日) 0時22分
「モリゾー・キッコロの飛び出す
2005年万博記念切手」

見開きで開くと
モリゾーとキッコロが飛び出す。

色々と考えるものだ。
この中の切手もマンモスと花の切手で
モリゾー・キッコロは無し。

これは「愛・地球博郵便局」限定販売(たぶん)

郵便局では自分の写真の入る切手が
人気で何人も並んでいました。
市内の郵便局では売り切れている
「マンモス切手」はここでは普通に売っています。

多くの人が「記念はがき」を購入して
6種類くらいあるスタンプのうちから
選んでスタンプを押してもらっています。

色んな楽しみ方があるのだと
混雑した中、感じました。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf