映画「妻への家路 」ノスタルジーという、やっかいなもの

2015年03月31日(火) 10時08分
映画「妻への家路 」★★★☆
コン・リー、チェン・ダオミン、
チャン・ホエウェン出演


チャン・イーモウ 監督、
110分、2015年3月6日公開
2014,中国,ギャガ
(原題/原作:帰来)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「中国映画界を代表する
チャン・イーモウ監督が、
『紅いコーリャン』『上海ルージュ』など
数々の作品でタッグを組んできた
コン・リーを主演に迎えた最新作。
文化大革命によって収容所に入れられていた夫が、
記憶を失くしてしまった妻を前に、
“別人“になりきって、
帰らぬ夫を駅へ迎えいく妻に
付き添い続ける姿を描く。」

ぴあ映画生活 HPより


1977年。文化大革命が終わり
20年ぶりに解放されたルー・イエンシーは、
妻ワンイーのもとへ戻るが、
待ち過ぎた妻(コン・リー)は
夫の記憶だけを失っていて、
親しげに笑う夫に
「出て行って!」と叫ぶ。

中国は、とても大変な時期があった、
文化大革命という壮大な実験だ、

これについては批判も多いが
この作品では正面から声高に
愚策を批判するのではなく、
とても愛し合っていた夫婦の間に
長い年月が横たわって
大切な人間の感情を
踏みにじった事を
静かに語りかける。



退屈と感じる瞬間もあるが
日常ってこんなもの
とりたてて大きな変化などなく
昨日と変わらない穏やかな一日が
またやってきて。終わっていく。


人間はただそれだけを
繰り返しているのに
どうしても映画には
そこに特別な何かを求めてしまうから

やはりその点ではこの映画は
記憶を無くし
認知症の始まった老女の
もどかしい様な日常は
残酷であり、希望が見出せず、
そこがなんとももどかしいのだ。


自分だと分かってもらえなくても
夫からの大量の手紙を
彼女の為に読む人になることで
近くに住んで
彼女が毎月夫を迎えに
駅に行くのに寄り添う。


いつか分かってくれるかも・・・
そんな僅かな期待も裏切られるが
それでも二人は
そんな生活を続けていくしかない。


誰も悪くない
ただ懸命に生きただけ



認知症は治らない
時々ほんのわずかばかりの
希望の光をどこかに見出しては
その先を見ていく事しかできない、
この映画に希望はあるのか?
いくら待ってもだめだろうな
そう思いつつも
きっと誰もが希望を見てる筈だ。



監督の強い主張は感じられないが
強い思い入れは
スゴク感じた。

★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「ポリス・ストーリー レジェンド 」ポリス・ストーリーの冠は外したい

2015年02月11日(水) 10時29分
映画「ポリス・ストーリー レジェンド」★★★DVD鑑賞
ジャッキー・チェン、リウ・イエ、ジン・ティエン
グーリー・ナーザー、ジョウ・シャオオウ、リュウ・ハイロン出演

ディン・シェン監督、
110分 、2014年6月6日公開
2013年/中国
(原題/原作:警察故事 2013)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「アジアが誇るスーパースター、
ジャッキー・チェンが主演を務め、
興行的にも大ヒットを記録した
人気シリーズ『ポリス・ストーリー』の第6弾。
仕事熱心なベテラン刑事と
一人娘の確執を発端に、
まるで要塞のようなナイトクラブに
突如監禁された人々が体験する
カオスな状況を映し出す。」
ぴあ映画生活 HPより



『ポリス・ストーリー』はジャッキーの
代表的な人気シリーズ、
この作品をその列に並べるのは
どうなのか?疑問というか残念。
別物と考えた方が良い。



この映画は日本で公開されたんだろうか?
新作の棚でジャッキーを見つけて
さっそく借りてみた、
ジャッキーをスクリーンじゃなく
DVDに見るなんて
ホント申し訳ない!
すまん!ジャッキー!



前作は「最後のアクション大作」と
言っていたので
この作品ではアクションは小技連発、
それはそれで面白いけど
やはりそれじゃあ、燃えないのだ。


今回は巨大なクラブに
閉じ込められたという設定なので
ジャッキーは頑張って
小さな見せ場を連発してくれたんだけど
期待してるのは
そんなものじゃないからね



限られた空間で
悪党の一味と人質となった人々、
警官であるジャッキーの娘も
人質となっているため、
細心の注意を払いながら
悪の一味と戦うわけで


アクションシーンは良いとしても
ジャッキーの表情や
僅かな会話も重要なため
演技が求められることになり
自分のようなファンは良いとしても
作品として冷静に評価すると
ちょっと残念な出来といえよう



これからも主演でいくとなったら
ジャッキーも厳しい岐路に立っている
ボスのような立場で
後輩に譲るようなことも
今後必要となるだろうな。
寂しいことだけど、
老体に鞭打って戦ってばっかというのも
やはり痛々しくて見ていられない。


とはいえ毎年のように
元気な姿を見せてくれれば
ファンとしては嬉しいいんだけどね。



次はどんな映画を見せてくれるか
次回は絶対劇場で見るからな。

と、ジャッキーに向かって書いても
届かない。

★100点満点で65点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

「フライング・ギロチン」戦いの後の切ない気持

2014年07月16日(水) 9時21分
「フライング・ギロチン」★★★★DVD鑑賞
ホァン・シャオミン、イーサン・ルアン
ショーン・ユー、ジミー・ウォング出演

アンドリュー・ラウ監督、
113分 2013年12月7日公開
2012,香港/中国
(原題/原作:血滴子)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



「清朝時代、第5代皇帝雍正帝(アンドリュー・ラウ)は
宮中の反乱分子を退けるため、
ひそかに暗殺部隊「血滴子」を結成する。
部隊を率いる総領官(ジミー・ウォング)は、
隊員の冷(イーサン・ルアン)たちに
清朝打倒をたくらむ革命闘士の長である
天狼(ホァン・シャオミン)の暗殺を指示。
だが、激しい抵抗に遭い、
仲間の穆森(リー・ユーチュン)が捕まってしまう。」

「映画生活」解説より


久し振りにTSUTAYAに寄って
DVDをレンタルした、

まず目を引いたのがこの作品、
「フライング・ギロチン」だって、
パッケージもそれっぽいし
「これだな」とすぐに手に取った。
5枚で1.080円、安いものです。


映画のタイトルは「血滴子」、
清朝の皇帝によって作られた秘密部隊、
彼らの持つ独特の刀から放たれる
鋼鉄の輪が
至近距離の相手の首に巻き付き
瞬時に内側に広がった刃によって
相手の首が吹っ飛ぶという
荒唐無稽な武器で武装した集団だ。
彼らを「血滴子」と読んだわけだけど
邦題は全く違う名前だ。

まあこれは人の目を惹く作戦なのだし
それでレンタルした自分も
しっかりその戦略にはまっているわけだけど
タイトルの与える印象と
映画の内容は
間違ってはいないけど
全く違ったものになっていた



結構、哀しいお話なのだ。


皇帝の特命を受けて結成された
暗殺集団、
彼らはその存在さえ知られず
身寄りの無いものを
子供時代から鍛え上げ
皇帝の命令に命を懸ける集団に
育て上げられたのだ。


「そんなことあるかな」とも思うが
そんな疑問をさしはさむより
彼らの真っ直ぐな忠誠心が
なんだか眩しいし

接近戦で身近な敵と戦うという状況が
悲壮感たっぷりに描かれていて
なんか切ないのだ。

敵と知らされた相手の
偽らざる気持ちを知る事で
揺らぐ忠誠心
どんなに尽くしても
最後には気持ちひとつ
政治的な思惑で簡単に抹殺される
儚い命

切ない

「フライング・ギロチン」という
タイトルのつもりで見ると
期待は裏切られる
絵空事と人間の心情
香港映画では度々用いられる設定だ、
この作品は「傑作」「名作」には
ちょっと及ばないものの
この切なさは
また作品の評価とは別物・・・。



だから時々、B級そのものと
分かった上でも
香港映画とか
手にとってしまうのだ。

216円で見た、
申し訳ないくらい得した気分。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove

映画「誘惑の罠」見るべきところなし、ファンじゃなければ時間のムダ

2013年10月09日(水) 19時25分
画「誘惑の罠」★★DVD鑑賞
バービィー・スー(徐煕媛)、エディ・ポン、
イーストン・ドン、ジョセフ・チャン 出演

リー・リーディン 監督、
113分
製作年:2008年
製作国:台湾
原題:愛的、発声練習





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「母親の再婚相手と合わずに
高校3年生の時に家を出たマオ(バービィー・スー)は、
その頃出会った阿良と一緒に暮らし始める。
しかし、やがて阿良は兵役で入隊することになり、
経済的に自立しないとならなくなり
彼女はネットに書き込みをした」



すごく短絡的な問題を題材にしている、
頭のいい子なのに
大学に入学を許可されながらも
母親の再婚相手が気にいらず
家を飛び出し自立を目指すが
なかなか大変なので
「援助交際」をネットに流し
そこで出会った
小古(ジョセフ・チャン)に惹かれていく。

出会いはどうであれ、
二人は急速に心も近づいていくが

小古には妻がいて妊娠していると
告げられる。


台湾映画には時々はっとするような
良い映画があるが
これは悪い部類

今時この内容ではTVドラマも
リアリティの無さで敬遠されるだろう。


邦題も原題も意味不明、
顔の知っている台湾の役者のパッケージで
DVD5枚レンタル1.000円で借りて来たけど
まあ、200円で見れたからいいか、
その程度。



映画はラスト
「ぷちっ!」と尻切れトンボのよう、
余韻とも思えない唐突な終わりだけど
主人公の今後は全く気にならない、
ただのどうしようもない
短絡的な主人公を描いていて
救いが無いのも致命的だ。



★100点満点で40点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「あの頃、君を追いかけた」青春真っ盛りのドタバタ、ラストはしんみり

2013年10月07日(月) 7時21分
映画「あの頃、君を追いかけた」★★★★
クー・チェンドン、ミシェル・チェン出演

ギデンズ・コー監督、
110分、2013年9月14日より全国公開
2011,台湾,ザジフィルムズ、マクザム、mirovision
(原題/原作:那些年,我們一起追的女孩)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「評判が良いので見逃したくないと
もうすぐ上映終了の劇場に滑り込んだ。
台湾の人気作家ギデンズ・コーが
初監督作品で自身の自伝的小説を
映画化し、1994年から2005年の
10代から20代となる男女を描いている」



映画の前半部分は
高校生というより中学生程度の
おバカで下品な笑いが多く
これが「胸キュン」の感動映画なのか?
心配になるくらいだった。



学園のマドンナを巡る
幼馴染の5人の駆け引きがあるが
当のチアイー(ミシェル・チェン)は
コートン(クー・チェンドン)に好意を寄せ
二人は愛の告白の代りに
一緒に勉強に励むという
分かりやすい交際を始めた。

この映画、見始めて
その後の展開は予想が出来るが
ちょくちょく裏切られて
「へー、そういう展開なんだ」と
何度か。



皆が見たい結果じゃないにしても
ラストは切なかったな



どこかで、ちょっと違っていたら
今の自分は違う事をしていたのかも。
違う人と過ごしていたのかも

そんな「もし・・・」という
考えても仕方ないことを
それでもあれこれ考えた、
映画ってこういう時間をも与えてくれる、
日常の中で、そんな非日常を楽しむ。



映画自体の出来としては
まあまあというところ、
でも誰にも経験のあるシーンが
どこかにあるわけで
そういうのは映画の出来とは別に
やはり胸に迫ってくるものだ。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「桃さんのしあわせ」家族について考えてみる時間

2013年09月01日(日) 7時09分
映画「桃さんのしあわせ」★★★☆DVD鑑賞
アンディ・ラウ、ディニー・イップ
チン・ハイルー、ワン・フーリー
イーマン・ラム、アンソニー・ウォン出演

アン・ホイ監督、
119分、20132年10月13日より全国公開
2011年/中国=香港
(原題/原作:桃姐)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「劇場公開時に見ようとして
見逃していた映画をDVDで。
香港の大スターのアンディ・ラウが
びっくりするほど地味な作品に出演、
抑制された演技は、さすが、
ただ、どこかスターのオーラが
抑えきれない雰囲気もあり、
でも面白いテーマだった」



桃さん(ディニー・イップ)は、
13歳から60年もの間、梁家の使用人として
4世代の家族の世話をしてきた。
そんな桃さんが脳卒中で倒れて
働けなくなり
自ら老人ホームに入ると言い、
生まれたときから面倒を見てもらった
ロジャー(アンディ・ラウ)は
友人の経営するホームを見つけてきて
彼女はそこに居場所を見つける。



そのホームは日本では考えられない程
設備は貧弱だし、
個室とはいっても
簡単な壁で区切られただけで
ドアはカーテンだけ
プライベートを気にするなら住めない。


桃さんはちょっと顔をしかめるが
自ら馴染もうと
入居者の輪にゆっくりと入っていく、
これは諦めなのか
それとも・・・・。



なにかと気にかけて
桃さんを訪ねるロジャー、
彼女が家に居ないことの不便さを感じ、
友人との会食の席でも
桃さんの料理の話題となり、
すぐそばに当り前にあった日常を
今さらながら実感する。



ロジャーは映画プロデューサーを生業としていて
製作した映画のプレミア上映会に
桃さんをエスコートしていくシーンは
良かったな、
彼女は念入りに化粧をし、
服を選んでロジャーを待ち、
彼が現れた時の嬉しそうな顔、
会場で人々と話すロジャーの姿に
親の様な視線を向ける。



彼女は再び倒れ
車椅子生活となり
次第に衰弱していく、
ロジャーの生活は何も変わらないのに
全く違うイメージが
画面から伝わる



生きていること
死んでしまうこと
どれも日常の一部なんだ、
でもこの大切な部分が
えぐり取られた感じは
もう元には戻れない、
何かに変わる事もない、

映画はひっそりと終わるが
ロジャーのこれからにも
桃さんの記憶は様々な場面で
現れては、励ましてくれるのだろうな。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「グランド・マスター 」美しいもの、強靭なものも全て滅びていくのだ

2013年06月17日(月) 19時09分
映画「グランド・マスター 」★★★★トニー・レオン、チャン・ツィイー、
チャン・チェン出演

ウォン・カーウァイ監督、
123分、2013年5月31日より全国公開
2012,中国,ギャガ
(原題/原作:一代宗師/The Grandmasters )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「20世紀初頭の中国が舞台。
北の八掛拳の宗師のパオセンは、
流派統一の任を後継者に譲ろうと考えていた。
一番弟子の馬三と、イップ・マン、
そして愛娘の宮若梅の3人は
グランドマスターの称号をかけて戦う・・・、
というのが予告編知識だったが
武術大会のような試合は行われない、
その意味で肩すかしだけれど
ウォン・カーウァイは監督の美学を貫いたようだ」



真のグランドマスターは誰か、
それはすぐに明らかになる

強いだけではなく、人格も求められるからだ、
そのどちらにおいても
南の詠春拳の葉問/イップマン(トニー・レオン)が
抜きんでているのは映画が始まって
すぐに明らかになる。


分かりやすい裏切りと復讐、
台頭してきた日本軍、
彼らは日本軍だけでなく、現政権にも翻弄され
そういった事実を描く事で
カンフーの真のマスターは?という
予告の持っていき方が
実際の本編とは違う事が分かってくる、
こういう裏切りは絶対にして欲しくないところだ。



カンフーの美しさや
実際のイップマンの生きた激動の時代は
自分の過去記事の「イップマン」↓
映画「イップ・マン 葉問」ドニー・イェンの魂の映画に感動した!
2011年03月23日(水)

こちらの方が詳しいし
カンフーシーンはやはりドニー・イェンが上。
トニー・レオンはちょっと精彩を欠いている。


しかしカンフーにこだわらなければ
カンフーの型の美しさや
背景としての雪や雨や煙る列車のシーンなど
とにかく格調高く流麗。



そこから発せられるのは
ひとつの時代は終わり
栄えるものはいつか没落し
それはカンフーしかり
闘いのシーンであっても
どかこ悲しく、切なく胸に迫る。

チャン・ツィイーも美しかった!



グランドマスターという名前は
真に強いものを決めるということじゃなく、
かつてこんな人達が
カンフーに人生を懸けていたと
その記憶を映像に残すという
この映画全体を示していたように感じた。
壮絶なカンフーを見たいと劇場に行くと
ホント、ガッカリすると思うので
予告や宣伝は慎重にやってもらいたい。


ウォン・カーウァイがカンフーを撮れば
この映画が出来上がる
納得の映像美だった。
新しいカンフー映画の決定版!とまではいかないが
何とも切なく美しい
カンフーでさえ滅びていくのだ


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ライジング・ドラゴン」アクションは低調、だけどジャッキーを見るだけで満足

2013年04月23日(火) 20時52分
映画「ライジング・ドラゴン」★★★☆
ジャッキー・チェン、クォン・サンウ、
ジャン・ランシン、ヤオ・シントン、
リアオ・ファン、ローラ・ワイスベッカー、
オリバー・プラット 出演

ジャッキー・チェン監督・製作・脚本、
124分、2013年4月13日より全国公開
2012,中国,角川映画
(原題/原作:十二生肖/CHINESE ZODIAC )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

コピーは「ジャッキー最後のアクション大作!」


「かつてイギリスやフランスの侵攻によって、
中国から持ち出されてしまった清王朝時代の秘宝。
それらはいまだに世界に散らばっている、
世界的アンティークディーラーから
捜索を依頼されたトレジャーハンター
「アジアの鷹」ことJC(ジャッキー・チェン)は、
チームを編成してパリ、南太平洋、中国などを飛び回る。」



ジャッキー最後のアクション大作と
映画のラストにクレジットが流れる、
すごく淋しい気分、
そして残念だ、
何が残念かって、この作品がラストということが。
すごく。


冒頭から全身ローラースーツに身を包み
坂道を猛スピードで疾走
壁やトラックの下もスイスイ
このローラースーツは以前

「イッテQ]でイモトが挑戦していて
なかなか使いこなせなかったので
ジャッキーの好奇心と身体能力を
改めて嬉しい様な気持で確認。



どこかコミカルで
そして誰も死ぬ程のダメージは受けない、
ジャッキーらしいけれど
やはり優しすぎて物足りない、
でも気持ちは分かる。


映画はメッセージ性も強い作り、
歴史上、合法的に略奪された各国の宝物が
今も返還されず
各国の美術館や個人収集家の手元にある、
そんな事実を伝えつつも
声高に何かを伝えるのでなく
そこはジャッキーお得意の
笑いとアクションで
それとなく考えさせてくれる。



ラストは帳尻合わせの様に
ハッピーエンドで
ちょっと「素直すぎるが、まあ悪くない。


気が付けばアジアの若手俳優の顔が
どんどん登場してくる
これもジャッキー流のサポートなのか


エンドクレジットには
お約束のNGシーンでは
簡単に出来そうなことでも
結構痛そうな失敗をしていて
この映画が出来上がるまでに
一体どれだけ、こんな痛い痛いシーンが
あったんだろうと想像すると
ジャッキーの笑顔の裏の
映画に対する情熱が伝わってくる


嬉しい!

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove

映画「ビースト・ストーカー/証人」運命の交差点で何もかもが狂いだす

2012年06月06日(水) 10時42分
「ビースト・ストーカー/証人」★★★★
ニコラス・ツェー、ニック・チョン、
チャン・ジンチュー、リウ・カイチー出演

ダンテ・ラム監督、
109分、2012年4月7日公開
2008,香港,ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:証人/BEAST STALKER )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「予告編からして“濃い!”
昨年12月に同じコンビで「密告・者」を見たが
同じ臭いがプンプンしていて
これ見逃せないと劇場へ、
空いた観客席が淋しいが
映画自体は熱く、やはり濃くって
期待通りの映画だった」



刑事のトン(ニコラス・ツェー)は
長く追っていた犯罪者を捕まえる
その冒頭のカーチェイスは見ごたえアリ、
車の激突の衝撃とくぐもった音を
見てるこちらも一緒に感じる、
対象にすごく近いカメラが
臨場感を高めて大画面の良さを感じる。
冒頭から良い予感がする



見事犯罪者を捕まえるが
発砲した車に乗っていた少女を
誤って殺してしまい主人公のトンは
そのことで心に傷を負い
なかなか立ち直れないでいたが
そんな時、その殺してしまった少女の妹が
彼の目の前で誘拐されてしまう。


一体何が起こっているんだろう?
時々ストーリーが先行し
謎解きが後から行われるため
見てるこっちはその間、色々考えてしまう、

巧みな作りで重層的に描かれ
見た目の派手な演出と
緻密な脚本に酔わされる。スゴイ。


小出しにされたまだ観客は知らない事実に
「そうだったのか」と何度か頷き
ラスト付近でのこの登場人物、事件に
共通する出来事が明らかにされると
謎が解明されたというより
その事実が皮肉であり
誰にもどうしようもないことであり
泣きたくなるような、笑っちゃうような
哀しいエンディングを迎える。



「こんなことないよな」
そう言ってしまえばおしまいだが
魂の救済はあったと信じたい、
このもやもやとした重苦しいラスト
まさにここのところ細々ながら続く
香港犯罪映画の流れを忠実に継承していて
ハッピー、ハッピーな映画が続いたら
たまにこういう腹にズシンと来る
こんな映画も見たくなる、
手抜きの無い求めていた映画だった。



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

映画「密告・者」救われない心、最後に何を見たのか
「密告・者」★★★★   2011年12月13日(火) 0時09分
ニコラス・ツェー、ニック・チョン、グイ・ルンメイ、リウ・カイチー 出演
ダンテ・ラム 監督、
112分、 2011年10月29日公開
2010,香港,ブロードメディア・スタジオ
(原題:The Stool Pigeon/綫人 )



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか



映画「男たちの挽歌〈1986年〉」懐かしい顔が若い若い

2012年01月07日(土) 9時02分
「男たちの挽歌〈1986年〉」★★★☆wowowで鑑賞
チョウ・ユンファ、ティ・ロン、レスリー・チャン、
エミリー・チュウ、リー・チーホン、ケン・ツァン出演

ジョン・ウー監督、
95分、 1986年公開
1986年/香港







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


フィルム・ノワールって言葉良く聞くけど
犯罪映画を指した総称で、
「男たちの挽歌」は香港ノワールの先がけとなった作品、
ジョン・ウー監督の出世作でもある


「とても有名なこの作品を初めて見た、
今回wowowで3部作が一挙放送され
正月に録画していたからだ、
ストーリーは最近の犯罪映画と変わりないので
この映画が原点なのを新ためて確認した」



チョウ・ユンファがホントただの若い兄ちゃんで
思わず笑ってしまう、
レスリー・チャンが少年と言ってもいい雰囲気で
彼のその後の人生を想ったり

映画の作りはチャチというか安い印象で
演出の荒っぽさを感じるが
なにしろ後半のこれまで溜まった怒りの解放に
見てるこちらの感情のカタルシスは、
古さとは無縁のもの、さすが



犯罪組織から抜け出したいと願う兄と
兄を想いながらも警察に身を置く弟
そして彼らをサポートする男、
裏切りとさらなる仕打ちに耐えに耐え
とうとう爆発するというストーリー運びは
今では定番だけれど
多分この映画あたりから始まったのだろう

だから原点として見るわけだけど
この映画単独で何の知識も無しに見たら
今としてはやはり古臭さは否めない。


女優がただの飾りもののようだし、
コミカルな演出も笑えない、

現在のような堅実な演出を見ていると
やはり30年近く前の映画って
全体的に軽く
激しい感情を表すカットでは
演出過多でキメのシーンのはずが
ちょっと恥ずかしい気分だ。



ただしここが原点として見ると
ジョン・ウーのその後の映画の断片がチラホラ
スローモーションの印象的な演出もここからか、
カンフーと恋愛コメディが主流だった頃、
心の葛藤と血みどろのアクションを
前面に押し出した映画を作りだそうとする
製作者の心意気を見た。



★100点満点で75点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


ジョン・ウー監督作品
カラテ愚連隊 過客 (1973年)
ジャッキー・チェンの秘龍拳少林門 少林門 (1975年)
帝女花 (1976年)
マネー・クレイジー 發錢寒 (1977年)
剣聖たちの挽歌 豪侠 (1978年)
滑稽時代/モダン・タイム・キッド 滑稽時代 (1980年)
アーメン・オーメン・カンフーメン! 摩登天師 (1981年)
八彩林亞珍 (1982年)
ソルジャー・ドッグス 英雄無涙 (1986年)
男たちの挽歌 英雄本色 (1986年)
男たちの挽歌 II 英雄本色II (1987年)
ワイルド・ヒーローズ/暗黒街の狼たち 義胆群英 (1989年)
狼/男たちの挽歌・最終章 喋地雙雄 (1989年)
ワイルド・ブリッド 喋血街頭 (1990年)
狼たちの絆 縦横四海 (1991年)
ハードボイルド/新・男たちの挽歌 辣手神探 (1992年)
ハード・ターゲット Hard Target (1993年)
ブロークン・アロー Broken Arrow (1996年)
フェイス/オフ Face/Off (1997年)
ブラックジャック Black Jack (1998年)
ミッション:インポッシブル2 Mission: Impossible II (2000年)
ウインドトーカーズ Windtalkers (2001年)
ペイチェック 消された記憶 Paycheck (2003年)
それでも生きる子供たちへ All the Invisible Children (2005年) オムニバス映画の一編。2007年日本公開。
レッドクリフ part I 赤壁 (2008年)
レッドクリフ part II -未来への最終決戦-赤壁:決戦天下 (2009年)
レイン・オブ・アサシン 剣雨 (2010年)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf