「いのちの食べ方」御馳走様は言葉だけ?

2007年12月10日(月) 1時09分
「いのちの食べ方」★★★
ニコラウス・ゲイハルター監督、92分
ドキュメンタリー作品、オーストリア、 ドイツ、2005年



鶏のまるごと冷凍になったものを見ると、
思い出す事がある、
小さいころ祖父母の家に遊びに行き、
畑の傍らの小さな小屋で
祖母が鶏を逆さに吊るし、今まさに
首を落とそうとしている場面だ。

その日は祖母に触れられるのを
嫌がったという。

生々しくて今では記憶をかなり自分で修正し
曖昧な部分がおおいけれど、
その夜食べたチキンは
まぎれもなくさっきまで庭を歩き回っていた。

でも生き物を食べるということは
そういうことなのだ


自分たちの口に入るまでは
食品は様々な工程を経ているわけで、
こんなに安く口に入るということは
どこかで相当の効率化が図られている。

冷凍のチキン丸ごとでも600円くらい、
でも自分の手で実際にそこまでやるとして
一時間に何羽処理できるだろう。
そしてこれまでの育成費と自分の時給を
加えたらとても600円では出来ない。

ものの値段はいびつな状態が進んでいる。
100円ショップも便利だけど、
100円で売るためにどこかの経済が歪められてるのだ。


この映画にはナレーションも会話の字幕も
一切なし、ただただ食品加工の現実が映し出される、
ショックは受けない、生き物を食べるということは、
どこかでそれを殺し、加工しやすくしているのだから。


月並みだけれど、何を思ったかと言えば
有り難く食べ、御馳走様と感謝し
食べる分だけ注文し、残さず頂くということか


肉の表示では遠くブラジルから来てるものもある、
それが国産より安いという
どうにもオカシイ常識は
ホントは少し考える必要があるのだろうな。

★100点満点で60点くらいか★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

この映画は予告編がよくできていて、
見終えて、予告でも十分伝わったなと。

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/935
トラックバック
トラックバックURL:
映画[ いのちの食べ方 ]を渋谷イメージフォーラムで鑑賞。

「中国製の餃子問題」。
ちまたでは、大騒ぎですが1か月もすれば・・・・、
不二家や赤福と同様にみんな忘れてしまうでしょうね。

よ?く考えると・・・
一円でも安い商品を買うためなら、ない知恵をふ...
アロハ坊主の日がな一日  2008年02月10日(日) 23時50分

12月22日(土) 17:00〜 シアター・イメージフォーラム1
料金:1000円(会員料金) パンフ:600円


『いのちの食べかた』公式サイト


野菜、果物、肉に関するドキュメンタリー。
マイケル・ムーアのノリを期待しているのか、思ったより客が沢山入っている。
しか...
ダイターンクラッシュ!!  2007年12月25日(火) 18時34分
  11月10日から公開される映画 【いのちの食べかた】 http:/...
食育のすすめ  2007年12月13日(木) 14時13分
まもなく公開されるドキュメンタリー映画「いのちの食べかた」
この試写会があったので、金沢まで行って見てきました。

人間は昔も今も、野菜、果物、穀物、魚、肉などを食べて生きていますが、
現代社会では、あらゆる食べ物が、商店やスーパーにきれいに並んでいて...
イソップ通信  2007年12月10日(月) 8時36分
2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf