「自虐の詩」小説世界は見てはいけない?

2007年11月08日(木) 0時19分
「自虐の詩」★★★
中谷美紀、阿部寛主演
堤幸彦監督、2007年、115分



小説の映画化はよく行われている、
原作が好きな人にとっては不満が残るという
映画が多いように感じるが、
比べても意味はないので、
映画として面白かったかどうかが重要だ。


ただ時々、これは映像じゃなく文章で読んで
自分の頭の中の想像世界の方が良いのかもな、と
感じることがある。


なんだか描かれているものの多くが
平べったいというか、
口でもうまく言い表せない部分を
頭のなかで自分なりに作り出す
ノリシロのような部分が、どうしても
映像には感じられなくて、
多分原作を読めばもっと違うだろうなと
時々かんじる、あの感じ。

この映画を見ていて
そんな思いが蘇った。
それでもそんな思いとは関係なく
映画は進行して行くわけで、
そのあたりで入り込めたかどうかは重要だ。


生きるのが下手な女が出会った
ヤクザな男

一般的な幸せが訪れるはずもなく、
貧しい暮らしを続けてる。

彼女の唯一の宝物は
仕事もしないで、プライドだけは高い
ロクデナシとの暮らし。

はた目から見たら
別れた方がいいと思うが、
彼女はその男の存在があれば
なんとか生きて行けるのだ。

切ないなあ
そんな風に思い、
早く別れちまえばいいのに

そんな風に思う。

他人の幸せなんて分からない、
自分のものさしでなら計れるが、
それは意味がないのだ。

幸せの感じ方も人それぞれ、
ただし誰かの視線を感じて生きてくなら、
世間一般の感覚がその基準になる。

そして映画の主人公を見る、
そのあたりの迷いが一切ないのが
小気味良いがやっぱり
もっとほんわかした幸せに包まれて欲しいなと願う。

見終えて特に何も感じなかった、
それはこの文章の冒頭で書いたように
映画の奥行きの問題だ。
あと少しでなんとかなった感じもするが
なんだかもやもやした感じが残った。

彼女の心の叫びが聞こえないのが致命的、
どれだけ苦労したと映像で見せられても
彼女の心の内が画面から伝わらないのだ。

★100点満点で60点、特には勧めません★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

どうしても名作「嫌われ松子の一生」と比べてしまう、
やはり何もかもバランスが取れた奇跡のような作品は
そうそう出会えないのだ

★映画ランキングはこちら
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/907
トラックバック
トラックバックURL:
中谷美紀は薄幸な女性役がよく似合う  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】窓から通天閣の見える大阪・飛田の小さなアパートで、幸江(中谷美紀)は内縁の夫であるイサオ(阿部寛)と暮らしていた。元ヤクザのイサオはまともに勤めることもなく酒とギャンブルに溺れ、幸江が近所の中華料理屋で働くことで生計を立てていた。無口で気性の荒いイサオは、ことあるごとに部屋のちゃぶ台をひっくりかえす。それでも、ひたすらイサオに尽くす幸江の健気さ・・・監督:堤幸彦  原作:業田良家出演:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、ミスターちん、竜雷太 、名取裕子、西田敏行・・・すんげぇ、みごとなちゃぶ台返し?みなさんも、ぜひお試し下さい  目玉オヤジのちゃぶ台返し映画館で観たら、迫力が違うんだろうなぁ。とにかく、みごとである。もちろん、毎日繰り広げられるちゃぶ台返しを阻止するための対策も練るのだが、、、仕事もせずに毎日ぶらぶらしている夫に、金をせびられ、毎日ちゃぶ台をひっくり返されても、健気につくす妻。  いったい、なぜそこまでつくす必要があるのそんな疑問も、映画が進むにつれて少し...
じゅずじの旦那  2010年01月12日(火) 15時05分
あらすじひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らない事があると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた・...



この映画は出演者の阿部寛が一徹返し(ちゃぶ台をひっくり返す)をするので
なんか面白そうと思って観てみました。
コメディータッチで?...
前向きに進みたい!!うつな自分  2008年04月13日(日) 16時45分
あけましておめでとうございます。 昨年の積み残しが何本かあるのですが、時季を外したこの1本。 あらすじを簡単に 大阪の狭くて小汚いアパートで暮らすイサオと幸江。 気に入らないことにはコンマ2秒で着火、檄高、ちゃぶ台をひっくり返す元ヤクザ・イサオを無条件で愛し
お父さん、すいませんしてるかねえ  2008年01月02日(水) 12時16分






【自虐の詩 】 10月27日(土)公開


監督 : 堤幸彦


出演 : 中谷美紀/阿部寛 /カルーセル麻
MoonDreamWorks★Fc2  2007年11月18日(日) 17時07分
阿部ちゃんのパンチパーマが微妙なんだけど^^;もっと変なロン毛ストレートのマトリックス風味もあるんだけど・・・『自虐の詩』観てきました。笑ったけど、青い海月とイサオと幸江の純愛にぼろぼろ泣かされてしまいました(笑)ちょっと『嫌われ松子の一生』観たときに近
黒猫のうたた寝  2007年11月18日(日) 15時14分
(2007年・松竹/監督:堤 幸彦) 原作は伝説の4コマ漫画(作・業田良家)という事だが、私は読んでいない。どんな映画かも分からないうえに、堤幸彦監督の作品も「明日の記憶」以外、

11月10日(土) 19:05〜 TOHOシネマズ川崎1
料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:700円


『自虐の詩』公式サイト


4コマ漫画が原作。
はて、連載していたのは、週刊誌だったか。それもかなり昔。
よくこんな知名度の高くないものを題材にしたもんだ。


で、...
ダイターンクラッシュ!!  2007年11月13日(火) 19時05分
「日本一泣ける4コマ漫画」として話題の、業田良家さん作『自虐の詩』。    この...
今週末、いよいよ公開になったこの作品。初日舞台挨拶のチケット、ダメもとで申し込ん
いんどあかめさん日記  2007年11月11日(日) 10時33分
 2006年の日本映画の1番は「フラガール」とすぐに思ったのだが、2007年は
みんなシネマいいのに!  2007年11月11日(日) 9時36分
映画「自虐の詩」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、岡珠希、阿部寛、西田敏行、遠藤憲一、アジャ・コング、丸岡知恵、名取裕子、佐田真由美、竜雷太、カルーセル麻紀、斉木しげる、ミスターちん、金児憲史、Mr.オクレ、島田洋八、...
映画レビュー トラックバックセンター  2007年11月11日(日) 8時58分
感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/10/27公開  (公式サイト)
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]
満足度[:星:][:星:][:星:]

 
【監督】堤幸彦
【脚本】関えり香/里中静流
【原案】業田良家 『自虐の詩』(竹書房...
アンディの日記 シネマ版  2007年11月10日(土) 15時36分
予告でインパクトのある阿部寛さんのパンチパーマとちゃぶ台返しを観て以来、公開を心
はらやんの映画徒然草  2007年11月10日(土) 10時56分
あらすじ:ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らないものが並ぶとちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた...
◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~  2007年11月10日(土) 0時01分
1日は映画の日で千円だったんで、観ようかなと思ってた映画を八戸フォーラムで観てきました。2本ほど。

1本目に観たのは「自虐の詩」。これはなんかちゃぶ台ひっくり返してて面白そうだというのと、<a href="
欧風  2007年11月09日(金) 18時53分
12:30頃梅田駅に到着&#63676;、劇場までの道すがら吉野家で牛丼と味噌汁を掻き込んで、13:00にチケット購入。整理券番号は44。 ビル10階分ぐらい&#63912;はありそうな巨大なクリスマスツリーの設営工事を眺めながら、エスカレーターで地階の「滝見小路」へ。...
健康への長い道  2007年11月09日(金) 0時27分
  試写会に二度当たった。二度行った。二度とも泣いた。
  「自虐の詩日記」買った、原作買った、ノヴェライズ買った。
  テレビで予告やっていると見入ってしまう。街中でテーマ曲が流れると立ち止まってしまう。ちゃぶ台を見るとひっくり返してしまう・・・・
[画...
読んだ!観た!喰った!  2007年11月08日(木) 23時47分
堤幸彦監督+中谷美紀=ケイゾク。
堤幸彦監督+阿部寛=トリック(大帝の剣)

そして堤幸彦監督+中谷美紀+阿部寛は自虐の詩だ。

母ちゃんからは捨てられ、父ちゃんはバレバレの銀行強盗でブタ箱行き。
子供の頃から不幸続きだけど、幸せに憧れて、現在はチンピ...
燃える管理人ブログ  2007年11月08日(木) 23時29分
このところ、出る作品が尽く高い評価、ノリに乗ってる俳優のお二人、中谷美紀さん&阿部寛さん主演・「自虐の詩」を観てきました。この二人の演技力に裏打ちされた個性的なストーリー展開と迫力ある演出、面白かったです!
この作品、業田良家氏の4コマ漫画が原作なんで...
紫@試写会マニア  2007年11月08日(木) 23時12分
監督:堤幸彦 CAST:中谷美紀、阿部寛、西田敏行、カルーセル麻紀 他

幼い頃から不幸続きの幸江(中谷美紀)は、大阪通天閣近くでやくざ上がりでダメ男のイサオ(阿部寛)?...
Sweet* Days**  2007年11月08日(木) 23時02分

阿部寛演じるイサオの「ちゃぶ台返し」は、本作の見どころのひとつ?!

堤幸彦監督は、公開中の『包帯クラブ』、本作と精力的に活動していますね。
昨年の渡辺謙主演の『明日の記憶』もそうでしたが、
人の心に寄り添うような、見終わった後に心が温かくなるような作品...
はなこのアンテナ  2007年11月08日(木) 21時38分
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』 評価:★★★☆☆ 原作は人気作家、業田良家のコミック「自虐の詩」です。 ちょっと、阿部寛のちゃぶ台返しが見たくなって観賞した感じが多いですが・・・ 中谷美紀が...
はっしぃの映画三昧!  2007年11月08日(木) 21時34分
今日も鳴り響く“ちゃぶ台返し”の音。 “日本一泣ける4コマ漫画”と評された業田良家原作の同名漫画を堤幸彦監督で映画化。 大阪、通天閣を見上げる町並み。ひなびたアパート、パッション飛田で暮らす幸江(中谷美紀)は、子供の頃から不運の連続。内縁の亭主、イサオ...
風我  2007年11月08日(木) 20時01分
あーん、ギャグでもっと押して! 『自虐の詩』10月27日公開。生まれついてのワーストアンラッキーガール・幸江。ヤクザ上がりのサイレントバイオレンスな内縁の夫・イサオ。まるで幸せとは程遠そうな2人の波乱の絆は、幸せを導けるのか!?
自虐の詩

前半はけっこうおも...
EDITOREAL  2007年11月08日(木) 19時16分
『ALWAYS 裏・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『自虐の詩』 ウィキペディア(Wikipedia)

キャスト
森田幸江:中谷美紀・岡珠希(中学生時代)
葉山イサオ:阿部寛
森田家康:西田敏行
あさひ屋マスター:遠藤憲一
熊本さん?
Prism Viewpoints  2007年11月08日(木) 19時06分
久しぶりに号泣でした〜(T_T) コミカルな部分と泣けるツボが絶妙なんです。 五
uni’s cinema diary  2007年11月08日(木) 18時43分
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf