「わが家の犬は世界一」中国は深いのだ

2005年09月09日(金) 6時11分
「わが家の犬は世界一」★★★
グォ・ヨウ,ディン・シャーリー,シア・ユイ主演

心に残る傑作
「太陽の少年」の
シア・ユイがクレジットされていたので
内容も知らずに見に行く。

中国では犬を飼うのに
登録料5000元が必要。
そんな大金を払えない庶民は
密かに犬を飼うが、
夜の散歩時に公安に見つかり
連れ去られてしまう。

翌日の4時までに登録をしないと
処分されると聞き、
なんとか取り戻そうと、奔走する父、
その必死さがちょっとずれているので
見ているこちらは応援しつつ、笑ってしまう。

期待のシア・ユイは警官役で
話に絡むが、脇役でしかなくガッカリ。

この映画は中国の大都会のお膝元の
庶民の暮らしを見せてくれて
興味深かった。

平屋建ての家が並ぶ一画の向こうに
高層ビルが林立し、
この国のこれからの発展と
経済力さえ垣間見えて
もっと様々な中国映画を見たいと感じた。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
  • URL:https://yaplog.jp/sora2001/archive/274
トラックバック
トラックバックURL:
2002年 中国 製作総指揮:フォン・シャオガン 監督、脚本:ルー・シュエチャン
銀の森のゴブリン  2005年12月15日(木) 2時00分
表「家族の愛より 犬の愛?」
裏「愛犬カーラが捕まった! タイムリミットは18時間。 いつもはかっこ悪くて頼りないけど がんばれ、父さん! カーラを救うために、 家族の愛を取り戻すために。」
監督 ルー・シュエチャン (2002年 中国) {/hiyoko_cloud/}
出...
チラシコレクション (た〜わ)  2005年09月26日(月) 0時23分
わが家の犬といっても、うちの小太郎のことを言っているのではありません。映画のタ
しのわずり  2005年09月16日(金) 1時02分
 5月11日、新宿東口の武蔵野館に「わが家の犬は世界一」という中国映画を観に行った。 タイトルだけを見ると、空前のペットブームに沸く日本に、ついに中国産ペット映画が上陸か、といった風情だが、その内容はペットを媒介として見る現代の中国社会とその庶民の日常生...
S i l e n t M a j o r i t y  2005年09月12日(月) 20時03分
「戌年でもないのに、今年はなぜか犬の映画が多い。
しかもこれまたフォーンの前では話しにくい映画。
というのもこれは
未登録で飼っていた犬を公安(警察)から取り上げられた男ラオが、
犬を取り戻すために孤軍奮闘するお話。
夜の公園で犬を取り締まる警察、犬の肉を...
ラムの大通り  2005年09月12日(月) 10時21分
本日3本目は「わが家の犬は世界一」です。
 
鑑賞した日   : 9月3日土曜日

鑑賞した劇場 : シネマスコーレ
 
さてこれも僕には理解できない作品でした。
理解できないというか合わない。
犬のカーラの可愛らしい姿が見れただけでも良しとしとこ...
★☆★ Cinema Diary ★☆★  2005年09月12日(月) 9時17分
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf